【東日本大震災一周年 「#311fromjapan」プロジェクト】 助けあいジャパン、Lang-8、Langrichが連携 SNSを使用し日本の今を世界に向けて英語で発信

PR TIMES / 2012年2月10日 11時9分

 一般社団法人助けあいジャパン(代表理事:佐藤尚之)は、相互添削型 SNS Lang-8、オンライン英会話スクールラングリッチとともに東日本大震災から1年となる2012年3月11日に向けてSNS、ソーシャルメディアを活用した情報発信サービス「#311fromjapan」を2月18日より開始致します。

 「#311fromjapan」は国内外における東日本大震災への関心の向上を目的とし、助けあいジャパン、Lang-8、ラングリッチの3団体がそれぞれの特性を活かして、日本から海外への震災に関する英語での情報発信の場を提供、サポートするプロジェクトです。

 プラットフォームとして、ユーザー同士で添削を行ない言語の学習をする相互添削型SNSのLang-8を使用します。Lang-8ユーザーから投稿された震災に関する英文の中から選定されたものを、オンライン英会話スクールのラングリッチに所属する英会話講師がチェックし、東日本大震災直後から震災関連情報の発信を行なっている助けあいジャパンの英語版ウェブサイトにて公開いたします。またウェブサイトに掲載された英文はラングリッチの英語学習教材として使用し、プロジェクト期間終了後も活用することで人々の震災への関心を持続させます。

 更に3月11日付近にはアクティブユーザー数が一億人を超えるtwitterにてハッシュタグ「#311fromjapan」をつけた英語、日本語でのツイートを促し、より気軽で広範囲な情報発信を促進します。日本語でツイートされたものも一部選定して英語に翻訳するため、英語が全くわからない人でも世界に発信することが可能です。このようにして寄せられた英語のツイートの一部は特設サイトに集約されます。ハッシュタグ「#311fromjapan」は2011年3月11日にtwitter上でトレンドとなった世界中からのメッセージ「#prayforjapan」への応答という形をとっています。

 来たる3月11日で東日本大震災から丸1年が経ちますが、震災直後と現在を比較すると国内外問わず人々の震災への関心が薄まりつつあります。震災から一年後の2012年3月11日に合わせ日本から世界に情報を発信することで、再度震災への意識を高め、風化させないための試みとなっています。


【#311fromjapan 概要】
■添削型SNS Lang-8を活用した英語での発信
・Lang-8のユーザーを対象に英語で震災に関するストーリーを募集。
・100~500文字で書いた英語の文書をLang-8上でユーザー同士が添削。
・添削されたものをラングリッチの英語講師が最終チェックをし、助けあいジャパンのHPにて優秀作品を発表する。
・優秀作品については個別に許可を得た後にラングリッチの教材として採用する。英語学習の教材として採用することで東日本大震災の記憶が今後風化しないようにすることを目的としている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング