日本企業の南アジア進出支援を目的とした、 スリランカ法人設立に関するお知らせ

PR TIMES / 2012年10月11日 18時3分

当社は、子会社を通じて、新たに日本企業の南アジア進出支援事業を開始いたしましたのでお知らせいたします。

当社は、本年4月に株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA Total Asset Consulting Inc.、以下「GTAC」といいます)を設立し、企業向けにM&Aや資金調達、財務関連のアドバイザリー業務、企業オーナー向けの事業承継や相続対策等のコンサルティング業務を行っております。これは、出版社グループとして、情報発信に留めず、その先にある読者・潜在顧客のニーズに対して直接アクセスし、ソリューション提供まで行うことを目的として開始した事業であり、金融機関出身者や税理士といったプロフェッショナルな人員によりGTACは構成されております。

このたび、GTACの事業の一環として、日本企業のアジア進出、とりわけ内戦終結後急成長している南アジアへの鍵『スリランカ』、およびスリランカを起点とした『インド』等の南アジア諸国への進出支援を開始し、現地の拠点となるスリランカ法人を設立いたしましたのでお知らせいたします。

スリランカは、かつて「セイロン」として知られたインドの南東にある島国で、2009年の内戦終結後、目覚しい経済成長を果たしている、「日本人はあまり知らない、世界的には注目されている国」です。同国は、日本からは直行便で約9時間、北海道の約0.8倍の国土面積に人口が約2千万人の仏教国であり親日国でもある、大統領制を採用する民主主義国家です。1983年に本格化した内戦は2009年に終結、治安上の問題が解決したことにより、わずか2年で観光客数は倍増、経済成長率も、2010年8.0%、2011年8.3%と急成長を遂げております。スリランカは、『インドにとっての香港』や『南アジアへのゲート・ウェイ』になる国と評されております。その背景は、1)地政学的優位性として、アフリカや中東、アジアの中間点に位置する戦略的な立地として物流・商流の重要な拠点であること、更にはインドとの間での自由貿易協定により、日本企業にとって進出には種々の困難が伴うインド市場に対して、スリランカに本社機能を置き、インド市場をターゲットにするような進出形態がとり得る点、2)1985年に創設されたコロンボ証券取引所をはじめとする自由な投資・金融環境、すなわち外資規制が緩く、資金のやり取りも自由な金融市場が存在し、現地での資金調達も可能な環境がある点です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング