入社式における社長訓示

PR TIMES / 2013年4月2日 17時29分



阪急阪神エクスプレスでは、4月1日に新入社員25名の入社式を行い、代表取締役社長 岡藤正策が下記の通り訓示を述べましたので、お知らせいたします。

阪急阪神エクスプレスHP → http://www.hh-express.com/jp/

【入社式】
日時:2013年4月1日 13時30分~
場所:KHD 東京ビル8階
新入社員数:25名

【入社式訓示 要約】
株式会社阪急阪神エクスプレス 代表取締役社長 岡藤 正策

阪急阪神エクスプレスへの入社、誠におめでとうございます。
会社を代表してお祝いを申し上げるとともに、心から歓迎の意を表したいと思います。

さて本日は当社にとって大きな変化のスタートの日でもあります。
阪急阪神交通社ホールディングスのグループ体制が解消され、今日から当社は阪急阪神ホールディングスの中核コア事業会社に昇格しました。これから阪急阪神HDは阪急阪神エクスプレスを始め、 阪急電鉄、阪神電気鉄道、阪急交通社、阪急阪神ホテルズの5つの中核会社によって構成されることになります。

当社はホールディングスの一員としてステークホルダー(特に株主)の厳しい目に晒される事になり、社員としての社会的責任の意識を更に持っていただく必要が有ります。
皆さんは新体制スタートの記念すべき年に入社された訳ですから、これから会社の新しいページを作っていくのだという気概を持って仕事に取り組んで頂きたいと願っております。

今日はこれから社会人になる皆さんに三つのお願いをしたいと思います。

一)“何事にも誠実であれ!!”という事
良いご縁を長く沢山に結ぶためには、誠実な気持ちを持って接することが一番大切な事であります。嘘をつかない! 騙さない!! 謙虚である!!!というのが誠実さの基本であると思いますが、当社の社員となられた本日改めて常に意識してこれから実行して頂きたい。

二)“プロフェッショナルを目指せ!!”という事
私のプロフェッショナルのイメージは “自分の可能性を信じて更に上を目指す人”というものです。
皆さんは入社してこれから出会う多くのプロフェッショナルである上司や先輩社員をリスペクトしつつ多くの事を学ぶことにより、真のプロフェッショナルとして成長されることを願っております。

三)“ご両親に感謝の気持ちを伝える!“という事
社会人の第一歩を踏み出すこととなったことを、まずは皆さんのご両親に報告し、感謝の気持ちを何らかの形でお伝えして欲しいと思います。皆さんをこうして立派な社会人に育てられた二十年余りの間には数々のご苦労があったと思いますが、そのご苦労が少しでも報いられるのは皆さんの心の籠った感謝の一言の言葉です。
どうかこれが社会人としての最初の仕事だと思って実行して頂きたい。

今申し上げた三つを念頭に入れて、社会人そして会社人としてのスタートを切っていただく事をお願いし、私のお祝いの挨拶に代えさせて頂きます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社阪急阪神エクスプレス 経営企画部 〔広報担当〕
〒105-0004 東京都港区新橋3-3-9 TEL:03-6745-1450/FAX:03-6745-1459
URL:http://www.hh-express.com/jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
     大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング