東日本大震災の被災地復興支援 カタールフレンド基金 「女川町復幸祭2014」に出店

PR TIMES / 2014年3月18日 16時57分

親善大使 別所哲也氏&女川町長と東北の未来を語る復幸トークショー開催

東日本大震災の被災地復興支援プロジェクトに資金を援助する中東カタール国の基金「カタールフレンド基金(以下、QFF)」(議長:ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使)は、2014年3月16日(日)に開催された「女川町復幸祭2014(主催: 女川町復幸祭2014実行委員会)」に出店しました。当日は、ステージにおいてQFF親善大使の俳優 別所哲也氏と、女川町の須田善明町長と復興について語り合うトークショーを開催したほか、カタールのおもてなしのお茶である「アラビックコーヒー」を提供するブースを出店し、県内外から集まった15,000名の祭りの参加者にQFFの活動とカタール文化をご紹介しました。なおこの売り上げは、女川のさらなる復興に役立てていただくため、女川町復幸祭実行委員会に寄付させていただきました。




トークショ―で別所哲也氏は、「震災直後、町民の皆さんが一致団結してぐっと中心にまとまる力、”求心力”が高まった時期を経て、震災から3年が経過した今、今度はその求心力を使いながら、外に様々な情報を発信していく力、”遠心力”を生み出す時期に入ったのではないでしょうか?ぜひ女川、そして東北の素晴らしさを多くの方に知っていただくため、外に向けて声をあげていきましょう。」と呼びかけました。一方、女川の須田善明町長は、「一度完成した町はその後、100年、200年と大きく姿を変えることは少ないが、現在復興の過程で町が着々とその姿を変えている状況は、今しか見ることができない。ぜひその様子を見に女川町に遊びに来てください。」とメッセージを送りました。

QFFの出店ブースでは、QFFが支援した多機能水産加工施設「マスカー」について、「女川の漁業復興の礎となっている。カタールは遠い国だと感じていたが、震災後3年を迎えても日本のために親身になってくれていることを大変心強く感じる」との声が聞かれました。また、初めてカタールのアラビックコーヒーを味わった方からは、「いつも飲んでいるコーヒーとは全く違うが、スパイスが効いていてくせになる美味しさ」と、カタールの文化にも関心を寄せていただきました。

「女川町復幸祭」は、震災を風化させず、女川町の今、そして復興していく女川の魅力を感じてもらいたいと、これからの女川を担う町内の若者たちが中心となって2012年から開催されており、今年は3回目の開催となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング