クリスマスイブの夜、東京に48年ぶりの雪が舞い降りる

PR TIMES / 2013年11月27日 13時6分

エストネーションによるクリスマスムービー「X MAS SHARED LOVE」 11月27日(水)配信スタート

エストネーションは、クリスマスイブにまつわるショートムービー「X MAS SHARED LOVE」をホームページ(http://www.estnation.co.jp/)にて11月27日(水)より公開いたします。
「X MAS SHARED LOVE」は、11月1日より配信を行っている「COAT SHARED LOVE」の続編にあたります。
このムービーシリーズはESTNATIONの根底に脈々と流れるフィロソフィー、“EMOTION(感動)、SOPHISTICATION(洗練)、TEMPTATION(誘惑)”を体現しています。




■ストーリー

舞台は、エストネーション六本木ヒルズ店。出演はキム・ジェウク、黒田エイミ。
クリスマスイブの夜、東京に48年ぶりの雪が舞い降りる ----
エストネーション六本木ヒルズ店内では、煌々(こうこう)とたかれた照明の中で、キム・ジェウク扮するスーパー・フォトグラファーのJay(ジェイ)が映像撮影を行っている。通路に所狭しと撮影機材が置かれ、夜間ロケ用の照明が辺りを照らしている店内で、Jay(ジェイ)は時刻を確認する。
23時07分 ---- Jay(ジェイ)が少しがっかりしたような表情を見せた瞬間、時間を巻き戻すような不思議な感覚と共に、Jay(ジェイ)は、イブの前日 ---- 12月23日の午後17時00分の世界に飛び込む。
その視線は一瞬、Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)のモダンなクリスマスツリーに注がれる。Jay(ジェイ)は、ある想いを胸にクリスマスプレゼントを探して、エストネーション六本木ヒルズ店内を歩き始める。素の自分に戻り、幸せな時間を過ごすJay(ジェイ)。
そのとき、フラッシュフォワード(時間転位)のように時間が一瞬で早送りされ ----
12月24日夕刻の世界に飛び込む。数日前、1年ぶりに撮影で再会したJay(ジェイ)のミューズであり、トップモデルのエイミが、クリスマスプレゼントを探してエストネーション六本木ヒルズ店内を歩いている。繊細に折り畳まれた折り紙のように、異なる二つの時空が連続しながら、互いに誰かを想い、プレゼントに何を贈るか悩む姿がチャーミングに映し出される。
Jay(ジェイ)が瞳を輝かせ、目の前でリボン掛けされるプレゼントに視線を注いだとき ---- Jay(ジェイ)は、撮影の撤収作業で慌ただしい現在に引き戻される。
時刻はすでに23時56分。クリスマスイブの夜が過ぎ去ろうとしていることに溜息をもらすJay(ジェイ)。静寂の中で数カ所だけを照らすスポットライトが、Jay(ジェイ)のシルエットを浮かび上がらせる。彼は床に置かれたクリスマスプレゼントを持ち上げると、静かにエントランスに向かって歩き出す。
あと数分 ---- 東京に48年ぶりの雪が舞い降りる奇跡のクリスマスイブの夜が過ぎる。
Jay(ジェイ)は、エストネーション六本木ヒルズ店のエントランスで立ち止まり、寒そうにコートの襟を立てると、粉雪の舞う夜に向かって動き出そうとする、その瞬間 ---- 聖夜に、ゆっくりと近づいてくる奇跡が目の前に。
大切な想いを胸にクリスマスプレゼントを選ぶ幸せが、世界中に伝播しますように ----
そんな想いを込めたストーリーをお楽しみ下さい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング