【アンケート調査結果】合宿で運転免許を取得した400人に聞く、免許合宿の実態調査

PR TIMES / 2014年3月26日 16時17分

株式会社エフ・コードの運営する免許合宿予約サイト「免許番長」は、全国の免許合宿経験者400人を対象にウェブ上で免許合宿についての実態調査を実施しました。調査結果から、社会人と学生による傾向の違いや、免許合宿にかかる費用の実態をレポートします。



免許取得時の職業
Q.「合宿免許」取得時のあなたの職業を教えてください。


普通車MT・AT、普通二輪MT・ATのすべてで大学生時の取得が最も多く、学生時の免許取得は50%以上となっている。
次いで、社会人が普通車MT・ATでそれぞれ25%以上、普通二輪でもMTで18%、ATで14%と多くなっている。

合宿となるとある程度まとまった期間が必要となるため、時間を調整しやすい学生のうちに取得する人が多いようです。しかし、中には社会人で取得する人も一定数いることがわかりました。特に普通車では、全体の1/4は社会人になってから合宿に行っています。

合宿料金について
Q. 「合宿」でかかった合宿料金を教えてください。(普通車MTの免許取得者)


普通車MTの合宿では、かかった費用18~22万円が46%と最も多く、18万円以下と合わせて全体の60%を占めている。
次いで22~25万円が20%、25万円以上が8%となっている。

合宿による免許取得は通学による免許取得に比べ、費用が安く抑えられるというのが定説で、実際は上記のような結果となりました。 中には、ホテルの宿泊費や交通費による費用がかかるため25万円以上かかった、という人もいますが、交通費キャッシュバックや合宿寮による割引を行う教習所も多く、全体では22万円以内での合宿が半数以上のようです。 教習所によっては、「期間限定割引」や「グループ割(数人で申し込むと割引)」などの方法でさらに安いプランを提供しているので、免許合宿の安さに魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

合宿の時期
Q.あなたが「合宿免許」を取得した期間を教えてください。


免許合宿に行った時期を職業別に比較すると、社会人はどの期間もそれぞれ20%以上と一定の割合がいるのに対し、大学生は90%が1~3月が49%、7~9月が42%で合宿の時期に大きな偏りが見られる。

大学生は長期休暇の期間に合宿に行くのに対し、日ごろ長期での休みがとれない社会人は、有給や連休をやりくりして行くことになるようです。 そのため、ゴールデンウィークのある4~6月や、連休の多い10~12月にも一定数が見受けられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング