「大寒の水」限定生産販売開始!

PR TIMES / 2014年1月17日 9時45分

期間限定で採水した~旬のおいしさ~お届けいたします

富士ミネラルウォーター株式会社は平成26年1月23日(木)に寒の期間に採水したミネラルウォーターをホームページ等で数量限定で販売開始いたします。



富士急グループの富士ミネラルウォーター株式会社(本社:東京都渋谷区代表取締役:澤辺正恭)は

平成26年1月23日(木)より「大寒の水」を生産数量限定で販売いたします。

「大寒の水」とは1年のうちでも最も寒さの厳しい時期(本年は1月20日~2月3日)に採水した水のことをいい、古来よりこの時期に汲んだ水は体に良いとされてきました。この水は腐りにくいと言い伝えられていることから味噌、醤油、酒などの仕込水に利用したり、無病息災を願って寒稽古に使用されています。

また小林一茶の句~見てさへや惣身にひびく寒の水~など、古くから多くの俳人に冬の季語として

も多く用いられております。ぜひ、この“旬のおいしさ”をご賞味ください。

 

富士ミネラルウォーター(株)は1929年に設立の、日本で初めてミネラルウォーターを販売開始

した会社です。創業以来、日本のミネラルウォーターのパイオニアとして首相官邸等、公賓を招く

席で卓上水のご用命を賜っています。日本で開催されたサミット(主要国首脳会議)においても

連続5回採用されています。富士山の標高840mで採水された水質はバナジウムを多く含んだ

弱アルカリ性のまろやかな軟水です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング