~これから台風の季節! 防災対策や避難行動に役立てて~ 「防災気象情報の活用法」 「特別警報の新設」 「新しく改善された津波警報」

PR TIMES / 2013年8月13日 11時49分



これから台風の季節を迎え、大雨、洪水、暴風、高潮など、自然災害が発生しやすくなります。気象庁が発表する防災気象情報の有効な活用法を知って頂き、日頃の防災対策やいざという時の避難行動に役立てられるよう、「特別警報の新設」「防災気象情報の活用法」「新しく改善された津波警報」について解説します。


予想される災害への注意を呼びかけ

防災気象情報を役立てて

災害から身を守るためには、行政による砂防設備や治水工事・高潮防波堤整備などの防災対策だけでなく、私たち一人一人の「自助」、すなわち、災害に対する備えをしておく、危険を感じたら早めに避難するなど、自らの身を守るための行動が重要です。


そのような「自助」のために役立つのが、気象庁が発表している「防災気象情報」です。大雨や台風は、地震災害のように突然襲ってくるものではなく、いつ、どこで、どのくらいの強さで発生するかなど、ある程度予測することができます。皆さんが早めの防災対策に役立てられるよう、気象庁は大雨や台風などに関する防災気象情報を随時提供しています。重大な災害が起こるおそれのあるときは「警報」、災害が発生するおそれのあるときには「注意報」を発表し、注意や警戒を呼びかけています。警報や注意報は原則として、市区町村ごとに発表されます。市区町村は、気象庁が発表する警報や注意報を受けて、必要な地域に避難勧告・避難指示を発令する場合があります。

また、気象庁では、警報や注意報に先立ち、「大雨に関する気象情報」や「台風に関する気象情報」などを発表しています。天気予報やニュースで「気象庁では、大雨(台風)に関する情報を出して警戒を呼びかけています」という言葉が流れたら、その後の気象情報に注意してください。テレビやラジオ、気象庁ウェブサイトの「防災気象情報」ページなどで、最新の気象情報を入手しましょう。
※さらに今月30日(予定)から、重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合には「特別警報」を発表します。

<自然災害から身を守るための対策はこちら>
URL: http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201206/1.html


最大限の注意を呼びかけ

今月30日(予定)から『特別警報』が始まります

新たに運用が始まる「特別警報」は、「警報」の発表基準をはるかに超える数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表し、対象地域の住民の方々に最大限の警戒を呼びかけるものです。また、市町村による住民の方々への周知活動も、「特別警報」では新たに義務化されます(「警報」「注意報」は努力義務)。なお、「特別警報」には以下の2つのパターンがあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング