1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ミナミインキュベート株式会社、次世代モビリティスタートアップの車体展示と試乗を自動車学校で受入開始!

PR TIMES / 2021年7月29日 11時15分

自動車学校の価値拡大とスタートアップの顧客接点の創出

ミナミインキュベート株式会社(福岡県大野城市、代表取締役:江上喜朗)は、当社グループである南福岡自動車学校において次世代モビリティを扱うスタートアップ向けに展示スペースを提供します。来校者は次世代モビリティに触れ、希望者は試乗することも可能となります。



1.背景
モビリティスタートアップがこれまでにないサービスやプロダクトを普及していく中で、より多くの人に認知を広め、正しいプロダクトの理解や安全面での知識を浸透させることは一つの大きな課題となっています。その原因として、単純に目にする機会が少ないことや、知っていても体験する機会が限られていること、規制や法的扱いが複雑なことがあります。このような点から、新しいモビリティを身近なところで目にする接点を増やすことや、試乗できる場所があること、正しい乗り方を学べる機会を作ることは重要な解決策であると考えられます。

2.ミナミインキュベートの思い
日本初の自動車学校を母体としたCVCとして当社は次世代モビリティの普及と安全性を担保した上での社会への浸透をサポートしていきたいと考えております。世界ではモビリティの多様化が進んでいますが、日本で新しいモビリティが多くの人に広がり街のインフラ化するにはまだまだ時間がかかる現状です。当社グループの自動車学校には免許取得者、高齢者講習受講者合わせて年間8000名近い人が集まります。そのような、広く様々な人が集まる自動車学校だからこそ、新しいモビリティを多くの方に親しんでいただく機会を創出できると考えております。

3.内容
自動車学校に新しいモビリティを展示し、より多くの方がそれらを知り、親しむことができる場所を提供します。

▼次世代モビリティスタートアップへのご協力内容例
・自動車学校展示スペースを使用し、車体を展示
・教習所コース内での試乗体験
・試乗者に対する教習指導員の安全運転アドバイス
・購入希望者やサービス利用希望者に対するPR活動と販売サポート
(車体のプロトタイプ開発中の場合は、教習指導員からのフィードバックや一般向けアンケート調査も可能)
[画像1: https://prtimes.jp/i/61861/7/resize/d61861-7-f7d5c1b4fcd68e7277b1-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/61861/7/resize/d61861-7-1ea5387d4ca3b67d49ca-1.jpg ]


ご興味のある事業者様はお気軽にご連絡・ご相談ください。
<本件に関するお問い合わせ>
ミナミインキュベート株式会社  藤井
E-mail:fujii@minami-hd.co.jp
TEL:092-581-2231


■ミナミインキュベート株式会社について
ミナミインキュベート株式会社は日本初の自動車学校を母体としたCVCです。
自動車学校は全国に1,300校あり、毎年合計160万人の卒業生が100時間の教習を受けています。この卒業生数は高校と大学の合計よりも多い数です。さらに、高齢者講習の受講者は年間260万人います。また、自動車学校は8000平方メートル 以上の土地と建物を有し、ほとんどが無料の通学バスを走らせています。広い土地や教室は、運転以外の教育、趣味やレクリエーション活動の場所、災害時の拠点等、地域コミュニティの中心にもなりえます。
このような自動車学校が持つノウハウ・リソース・ネットワークと、様々なアイデアや技術を活用した新たなサービス・製品を創造するスタートアップが協力し合うことで、新たな価値の創造・提供に繋がればと考えております。

ミナミインキュベート株式会社
所在地:福岡県大野城市下大利3-2-20
会社HP: https://minami-hd.co.jp/minami_incubate/
Twitter: https://twitter.com/minami_incubate
主な事業内容:ベンチャー企業等への出資および支援活動

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング