シネマサンシャインかほく、シネマサンシャイン下関で『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』11.23(金・祝)ScreenX版の公開が決定!

PR TIMES / 2018年10月23日 12時40分

~3面スクリーンで魔法ワールドに飛び込もう!~



[画像1: https://prtimes.jp/i/24925/8/resize/d24925-8-152721-0.jpg ]

佐々木興業株式会社(本社:東京都豊島区/社長:佐々木伸一)は、シネマサンシャインかほくとシネマサンシャイン下関に3面マルチスクリーンシアター「ScreenX」を導入しますが、このたび11/23(金・祝)より『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ScreenX版の公開が決定しました。

本作は『ハリー・ポッター』シリーズのJ.K.ローリングが脚本を手掛ける魔法ワールドシリーズの最新作。前作の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に続き、主人公の魔法動物学者ニュートが繰り広げる大冒険ファンタジーです。

「ScreenX」は従来の正面スクリーンに加え、左右の壁にも映像が映し出されるマルチプロジェクション映画上映システム。視界いっぱいに270度まで広がる3面ワイドスクリーンは、これまでの映画館にはない臨場感と映画の世界に入り込むような没入感を体験することができます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/24925/8/resize/d24925-8-912139-2.jpg ]

なおシネマサンシャインかほくは北陸地方初、シネマサンシャイン下関は西日本初となる「ScreenX」を11/9(金)より導入し、オープニング作品は『ボヘミアン・ラプソディ』となります。

【ScreenX鑑賞料金】 通常鑑賞料金 + 500円
※各種サービスデイ時は、サービスデイ料金に500円を加算した金額となります。

■ScreenX公開予定作品
11/9(金)公開『ボヘミアン・ラプソディ』(20世紀フォックス映画配給)
11/23(金・祝)公開『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(ワーナー・ブラザース映画配給)


[画像3: https://prtimes.jp/i/24925/8/resize/d24925-8-939948-3.jpg ]

■施設概要
●シネマサンシャインかほく
所在地:石川県かほく市内日角 タ25番 イオンモールかほく2階
スクリーン数:8スクリーン
座席数:1,494席(内車椅子席16席)
ScreenX座席数:170席
劇場ホームページ  http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/kahoku/

●シネマサンシャイン下関
所在地:山口県下関市竹崎町4-1-37 シーモール下関シネマ棟2階
スクリーン数:8スクリーン
座席数:1,102席(内車椅子席14席)
ScreenX座席数:141席
劇場ホームページ  http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/shimonoseki/

□添付画像
1. 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』画像 2点
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.
※映画作品の画像を使用する場合は(C)表記を必ず入れてください。

2. ScreenXイメージ画像 1点

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング