【地方からDXを実現】ZORSE、ビジョングループとOMO領域における業務提携を締結

PR TIMES / 2021年2月1日 11時15分

データ活用の観点からコロナ禍の地方課題改善とDX推進を支援

東北エリアを中心にOMO※1ソリューションの提供を行うZORSE株式会社
(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長兼CEO:佐瀬武士 以下ZORSE)は、
グローバルWiFi事業、および法人向け情報通信サービス事業を手掛ける
株式会社ビジョン (本社:東京都新宿区 代表取締役社長兼CEO:佐野健一 以下ビジョン)と、
ビジョングループにおける各種サービスにおいて、業務提携をいたしましたので、下記の通りお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/72008/9/resize/d72008-9-893458-7.jpg ]



業務提携の背景


ZORSEは、2020年2月の設立以来、データマネジメントサービスの提供、定着までのカスタマーサクセスを通じ企業におけるDXの実現にコミットしてまいりました。

一方、ビジョンは、1995年の創業以来、国内トップクラスのディストリビューターとして、企業の皆様が事業を円滑に営んでいただくのに必要な情報通信関連サービスを、それぞれのステージにあわせ、Webマーケティングを中心にご案内をしてきました。

また、ビジョンと株式会社アドインテ(本社:京都府京都市 代表取締役:十河慎治 以下アドインテ)にて2020年3月に合弁会社として設立した株式会社ビジョンデジタルマーケティング(本社:東京都新宿区 代表取締役:大田 健司 以下VDM)において、デジタルタッチポイント・IoT端末「AIBeacon※2(特許番号第5713249号、TELEC認証取得済)」や、NFC※3技術を応用しリアルとwebの連携を促進する「AITag※4」などを用い、データドリブンなOMO※1マーケティングを実現するサービスの国内における導入・活用を支援しております。

昨今のコロナ禍、そしてイノベーティブなテクノロジーによってビジネスモデルや生活スタイルが短期間で大きく変わったことにより、DXの必要性が認識されるようになりました。
一方、経営戦略の不在、デジタル人材の不足等の理由により、DXの実現に対しては多くの企業が課題を抱えております。
こうした背景を受け、ZORSEとビジョングループがこれまで培ってきたそれぞれの強みを活かしサービスの提供を行ってまいります。

ZORSEは、ロケーションデータの活用、データマネジメント、そしてDXプランニング提供の実現を通じ、地方企業への豊富なサービス提供ノウハウおよびagency展開基盤を用いることで、ビジョンとVDMが提供するデジタルサービスの導入ビジネスを拡大することにより、地方におけるDX推進を支援してまいります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/72008/9/resize/d72008-9-734523-4.jpg ]



業務提携の主な取り組み

・東北エリアにおける共同マーケティングおよびセールス
・東北エリアにおけるagency制度の構築
・カスタマーサクセス体制の強化
・新たなリテールメディアの提供


提供サービスと特徴

●DX推進を支援するコンサルサービス
DXをする上で単にITツールを導入するのではなく、より良い顧客体験(CX)を組み上げ、
分析データに基づいた正しい判断ができる顧客中心のITツール運用コンサルティングサービスを提供します。(CVR向上支援、顧客エンゲージメント設計、解約抑止&分析、音声テキストマイニング分析、その他)

●商圏 / 顧客 / 購買情報 分析サービス
IoT端末「AIBeacon※2」およびwebサービス連携NFCタグ「AITag※4」を用い、地理情報および
センサ情報のビッグデータによるリアル店舗の商圏分析・顧客分析を行うDX推進を支援するサービス。

●同期・非同期デジタル広告サービス
オンライン・オフラインデータの連携による、クライアント・ビジネスのペルソナに適したデジタル広告「AIGeo※5」・プッシュ広告「AIGeoプッシュ※6」を配信し、OMO※1マーケティングを支援するサービス。

※1 OMO(オンライン・マージズ・オフライン)とは、「オンラインとオフラインを併合する」ことで、ネット上とリアル店舗などの垣根を超えたマーケティング概念。
※2 株式会社ビジョンと株式会社アドインテにて2020年3月に株式会社ビジョンデジタルマーケティング設立。アドインテ社独自開発のWi-FiセンサとBLEをデュアルで搭載したIoT端末(特許番号第5713249号、TELEC認証取得済)で、アプリへのプッシュ通知だけでなく、Wi-Fiセンシング技術により、店舗・顧客分析も行える端末。
※3 NFC(ニア・フィールド・コミュニケーション)とは、通信端末をかざすだけでデータ通信が可能な近距離無線通信規格。
※4 AITagとは、NFC技術を応用した非接触タグで、タグへの接触履歴等の蓄積情報により、顧客へ最適なwebコンテンツの配信が可能。
※5 AIGeoとはスマートフォン広告プラットフォーム。アドインテDMP※7を用いた、地域・属性・嗜好性等に応じた独自のジオターゲティング配信サービス。
※6 AIGeoプッシュとは、フリーWi-Fiへの自動接続が可能なアプリを活用したリアルタイムプッシュ配信サービス。
※7 DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)とは、収集し蓄積されたオンラインデータや、リアル店舗に来店された消費者の行動履歴等のオフラインデータを管理し、広告配信のアクションプラン等に役立てるデータビジネスを行うプラットフォームのこと。


株式会社ビジョン 会社概要

・商号: 株式会社ビジョン
・東京証券取引所市場第一部 (証券コード:9416 )
・代表者: 代表取締役社長兼CEO 佐野 健一
・本社所在地: 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号 新宿アイランドタワー5階
・設立年月日: 2001年12月4日
・資本金: 23億6,378万円
・Webサイト:  https://www.vision-net.co.jp/
・主な事業内容:
1.グローバルWiFi事業
海外事業 / 国内事業
2.情報通信サービス事業
固定通信事業 / 移動体通信事業 / ブロードバンド事業 / OA機器販売事業 / インターネットメディア事業
3.その他


株式会社アドインテ 会社概要

・商号:株式会社アドインテ
・代表者:代表取締役 十河慎治
・本社所在地:京都府京都市下京区新町通四条下る四条町347-1CUBE西烏丸7階
・設立年月日:2009年4月3日
・Webサイト: https://adinte.co.jp/
・主な事業内容:
1.AIBeaconマーケティング
2.アドインテDMP
3.DSP事業


株式会社ビジョンデジタルマーケティング 会社概要

・商号:株式会社ビジョンデジタルマーケティング
・代表者:代表取締役 大田健司
・本社所在地:東京都新宿区歌舞伎町2丁目2-15 ヒルコート東新宿ビル3階
・設立年月日:2020年3月2日
・Webサイト: https://vision-dm.co.jp/
・主な事業内容:
1.リアルターゲティング広告事業
2.デジタルサイネージ広告事業
3.グローバルWiFi広告事業
4.情報通信サービス事業
5.その他


ZORSE株式会社 会社概要

・商号:ZORSE株式会社
・代表者:代表取締役社長 佐瀬武士
・本社所在地: 宮城県仙台市宮城野区榴岡一丁目1-1 JR仙台イーストゲートビル2階(WeWork)
・設立年月日:2020年2月6日
・Webサイト: https://zorse.jp/
・主な事業内容:
1.OMO事業
2.HRDX事業
3.動画コンテンツ事業


ZORSE株式会社 代表者について


2013年BALIE株式会社を設立。
「LINE@」公式アカウント事業に携わり、設立から2年後には全国で4社のみのLINE@ゴールドパートナーに認定。
首都圏・関東地区・東北地区の小売店・飲食店を中心とする企業へLINE@およびLINE Pay事業を展開し、総顧客数は約2,600社、総アカウント数は約15,000まで成長させた。
その後、2017年にLINEグループ企業の連結子会社となり、2019年にはLINE Pay株式会社へ株式を売却した経歴をもつ。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング