「自宅でのプチぜいたくに関する調査」

PR TIMES / 2013年7月23日 16時4分



-------------------------------------------------------------
「節約に疲れている」と感じながらも、99.6%が「今後も節約するつもり」

節約を続けるために、3人に2人が「自宅でちょっとぜいたくしている」

「お菓子」で“おうちリッチ”を楽しんでいる女性が圧倒的な結果に
--------------------------------------------------------------

マーケティングリサーチを行う株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行っております。今回、2013年6月28日(金)~2013年7月3日(水)の6日間に、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に在住の20歳~49歳の女性900人を対象に「自宅でのプチぜいたく」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

<調査背景>

景気は上向きと報道されていますが、引き続き節約を続けている家庭は多く、節約に疲れている方も多いと思います。近年は、そんな節約疲れに対し、自宅でのちょっとしたぜいたく【おうちリッチ】が増えていると言われています。そこで、1年前と比べた収入・支出や、節約に対する疲れ、自宅で   どのようなものにちょっとしたぜいたくを感じているかをお聞きし、「自宅でのプチぜいたくに関する調査」を行いました。報道の一資料として、ぜひ、ご活用ください。

【調査概要】
1.調査の方法: 株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト
「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
2.調査の対象: アイリサーチ登録モニターのうち、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県在住の20歳~49歳の女性
3. 有効回答数: 900人
4.調査実施日: 2013年6月28日(金)~2013年7月3日(水)

「自宅でのプチぜいたくに関する調査」 調査結果

◇ 1年前と比べて収入が増えた人は23.4%、変わらない人は53.3%
◇ 1年前と比べて支出が増えた人は38.1%、変わらない人は46.4%
◇ 94.5%の人が普段から節約を意識しており、71.8%が節約に疲れているが、99.6%が今後も節約する意向
◇ 節約を続けるために63.5%が「たまにちょっとぜいたく(プチぜいたく)」している
◇ プチぜいたくをする場所は「自宅」と、66.9%がおうちリッチ派
◇ おうちリッチは「自分ひとりで」(81.5%)、「夫や恋人」(37.8%)とひとりで楽しむ人が多い
◇ 「お菓子」でおうちリッチ、87.3%と圧倒的。次いで「食材」(42.7%)
◇ 専業主婦は「家事を終えたタイミング」に、未婚女性は「寝る前」や「夕食後」におうちリッチを楽しんでいる

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング