涙を流すことによる美容効果を解説~8/5(水)東京新宿区で、きれいになりたい女性に向けて泣くイベントを開催~

PR TIMES / 2020年7月31日 9時40分

参加者に実際、泣いてもらい、まずは内からきれいに、そして泣き終わる頃に、ネイルも塗られ外からもきれいにします。

意識的に泣いてストレス解消する『涙活(るいかつ)』を行う感涙療法士の吉田 英史は、2020年8月5日に「涙と旅カフェあかね」(所在地:東京都新宿区西早稲田2-1-17 酒井ビル 1F)にて、参加者に泣いてきれいになってもらうイベントを開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/52541/10/resize/d52541-10-599598-0.jpg ]

■泣く活動『涙活』について
涙活とは、意識的に泣くことでストレスを発散する健康法です。涙を流すことによって、自律神経が緊張や興奮を促す交感神経から、脳がリラックスした状態である副交感神経が優位な状態へとスイッチが切り替わります。交感神経とは、身体を動かしたり、緊張したり、ストレスがかかっている時に働く神経です。一方、副交感神経は、寝ている時やリラックスしている時、体力を回復する際に働きます。通常、起きている時には交感神経が優位に働いていますが、泣くとリラックスしている時と同じ副交感神経が優位な状態になります。すると、脳が癒され精神的なストレスまでもが解消されていきます。

■泣くことの美容効果
ストレスがたまると、身体が疲れるだけでなく、老化の一因でもある活性酸素が肌内部を覆います。そうすると、しわやシミ、吹き出物が出やすくなります。しかし、涙を流すことで、身体からストレスが解き放たれ、リラックス状態になり、活性酸素を抑えることにつながります。また自律神経のバランスが整うので血行も良くなり、質の良い睡眠が取れるようになります。睡眠をとっている間に、脂肪の代謝が促されるほか、ホルモンが分泌促進されます。その結果、美肌効果が得られます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/52541/10/resize/d52541-10-577442-1.png ]



■イベント概要
イベントでは、実際に涙を流してもらうことで、『涙活』を体験いただきます。体験中にプロのネイリストから


ネイルの施術を受け、そのうえで『涙活』による美容効果を実感いただきます。

日時:2020年8月5日(水)16:30~18:00
場所:涙と旅カフェ あかね
(東京都新宿区西早稲田2-1-17酒井ビル1F )
内容:涙の効用についての講義、泣ける映像鑑賞、ネイルの施術

参考記事: https://beauty.authors.jp/style/29978

◆『涙と旅カフェ あかね』とは
吉田は、2013年に『涙活』をスタートさせ、日本中の各所で、これまで約5万人近くの人を泣かせてきました。その中で、現代人は泣く場所さえ探していると思うようになりました。「男は泣くな。」「涙は女の武器」等、日本社会では、泣くことがネガティブな文脈で語られます。しかし、泣くことが”健康に良いことだ”と医学的に証明されるようになりました。「家族の前で泣けない、会社で泣けない、じゃあどこで泣けばいいのだ」という声をそこかしこで聞きます。そこで、しっかり泣ける場所を作る必要性を感じ、「涙と旅カフェ あかね」のプロデュースに至りました。

<吉田 英史(よしだ ひでふみ)プロフィール>
1975年生まれ 鎌倉市出身 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了。
高齢者福祉施設、学校勤務を経て、現職に。高校教師時代に、相談に来る生徒たちを見ていて、相談中に泣き出す生徒ほど、早く立ち直っていくことから、「涙は人をスッキリさせて、立ち直らせる効果がある」ことに注目していた。2013年から「涙活」をスタート。認定資格「感涙療法士」を医師、脳生理学者で、東邦大学医学部名誉教授の有田 秀穂氏と創設。感涙療法士として、学校(生徒・先生・PTA向け)、病院(患者・医師や看護師等の医療関係者向け)、企業、自治体において、涙活セミナーや講演会を実施している。通称、なみだ先生。元高校教師・スクールカウンセラー。主なメディア出演に、日本テレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』、NHK『おはよう日本』その他新聞、雑誌多数。

なみだ先生HP:
http://www.tearsteacher.com/
涙と旅カフェ あかねHP:
https://www.tearsandtravel.com/


参考記事:
・気軽に泣けるカフェとは? - “泣きの専門家”がはじめた優しい空間
https://news.mynavi.jp/article/20190327-792105/
参考映像:
https://www.nytimes.com/2020/07/28/opinion/tears-teacher-crying-japan.html?searchResultPosition=1&fbclid=IwAR1QrB3JypdDFATcCrz5K1TkQnDrgJAdmvn-j6_lrTEhD91KOTcND5XQx6I

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング