パナリット、人材管理システムを提供する「カオナビ」からの出資を受け入れ

PR TIMES / 2020年8月27日 17時15分

~ 日本のHR業界におけるデータ活用・DXを加速化する狙い ~

ピープル・アナリティクス専門BI※『Panalyt』を提供する Panalyt Pte. Ltd.(本社シンガポール、代表取締役CEO:ダニエル J ウェスト、以下「当社」)は、HRテクノロジー業界を牽引する株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 柳橋 仁機)からの出資を受け入れたことを発表いたします。本出資は、カオナビがスタートアップ企業へ支援プロジェクトとして立ち上げた『カオナビ NEXT FUND』によるものです。
※BI(ビジネス・インテリジェンス):企業内に蓄積された大量のデータを集計・分析し、KPI等を表示させることで、迅速な意思決定を助けるためのツール。企業の健康状態を客観的・俯瞰的に可視化して捉え、改善の方向性を示唆することが可能



[画像1: https://prtimes.jp/i/51198/11/resize/d51198-11-744439-0.png ]

■背景

日本では昨今、グローバル化・デジタル化・少子高齢化といった社会・経済環境の変化や、「働き方改革」の加速、急速なリモートワーク・シフトも相まって、人材マネジメントに対する企業ニーズが増加しています。他方で「ヒト・モノ・カネ(・情報)」が重要な経営資源と言われているものの、ヒト(従業員)の領域では様々な理由で、データの活用やデータに基づく意思決定が相対的に進んでいませんでした。
当社は、企業に眠る“人”に関わるあらゆるデータ(従業員属性、採用、勤怠、評価、営業、コミュニケーション、等)を取り込み、BI『Panalyt』を通じて組織の健康状態に対する KPI や示唆を提供することで、あらゆる組織・人事の課題に対して、経験や勘だけに頼らない最適な意思決定をサポートしています。クラウド人材マネジメントシステムのリーディングカンパニーであるカオナビとは「コネクテッドパートナー」として既にサービス連携やAPI連携を実施していますが、データの価値を最大化することで、より多くの企業における人材の最大活用やヒト(従業員)の満足度・幸福度の向上に貢献できるよう、今回の出資を契機に営業・マーケティング面でも連携を強化して参ります。


■パナリットが目指す HRテクノロジー業界のエコシステム

日本のHRテクノロジー業界では、多様な「人事領域」に対して、大きくは3種類の「提供価値」のいずれかを有する企業・サービスが急速に増えています。

人事領域:企業と従業員との連続的な接点(=従業員ライフサイクル)ごとに細分化されており、採用・労務から評価(アセスメント)・エンゲージメント至るまで、多様な領域が存在
提供価値:既存の管理業務や工程をソフトウェアや AI を用いて効率化・高度化する「業務の効率化」の他、そこで生み出されたアウトプット(情報やデータ)を集約・分析することで意思決定の精度・スピード・納得性を高める「意思決定の効率化」、更に意思決定された施策の「実行支援」が追随


[画像2: https://prtimes.jp/i/51198/11/resize/d51198-11-995551-1.png ]

2020年までに隆盛したHRテクノロジーの大部分は、人事領域の一部の業務を効率化(=川上領域の部分最適化)したものです。他方でパナリットが根ざしている、HRにおける意思決定の効率化(=川中領域の全体最適化)の領域は、営業・マーケティング・財務などHRと隣接する他のB2B業界と比較すると市場化のスピードは遅行しています。
他のB2B業界では、川上・川中・川下領域に位置する企業・サービス同士が連携を強化することで、業界全体のDX(デジタル・トランスフォーメーション)が進展しただけでなく、データを基軸とした新しい産業やサービスの創出の原動力にもなりました。HR業界でも同様に DX を加速化させるためにも、パナリットは高いUI・UXを誇る川上・川下領域の企業・サービスとの連携を、引き続き強化して参ります。


■株式会社カオナビについて

企業の人材情報をクラウド上で一元管理できる人材管理システム『カオナビ』を提供。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメントをサポート。企業のマネジメントを革新したい、また有望なサービスを展開する起業家を応援したいという想いから、スタートアップ企業への支援プロジェクト『カオナビ NEXT FUND』を実施
所在地: 東京都港区元赤坂1-2-7 AKASAKA K-TOWER 5F
設立: 2008年5月27日
資本金: 10億1,827万円 ※2020年3月末時点
代表者: 代表取締役社長 CEO 柳橋仁機
事業内容: クラウド人材管理システム『カオナビ』の開発・販売・サポート
会社HP:  https://corp.kaonavi.jp/


■『カオナビ NEXT FUND』の概要

支援内容
資金支援、ノウハウ共有、チャネル連携、サービス連携など、カオナビ社が保有する知見やネットワークを積極的に提供することで多層的なサポートを実施。
支援対象
対象事業:マネジメントの革新に関連する事業
対象者:対象事業に関わる方・関わりたい方(経営者、事業担当者だけでなく、組織に属しながら新しい事業を構想している方なども対象)


■Panalyt Pte. Ltd.について

企業に眠る“人”に関わるあらゆるデータを取り込み、BI『Panalyt』を通じて組織の健康状態に対する KPI や示唆を提供することで、あらゆる組織・人事の課題に対して、経験や勘だけに頼らない最適な意思決定をサポート。急成長中のユニコーン・ベンチャー企業や、多角化を進める東証1部上場企業を中心にサービスを提供。経産省後援『第5回HRテクノロジー大賞』においてアナリティクスサービス部門優秀賞を受賞。

社名: Panalyt Pte. Ltd.
(日本法人:パナリット・ジャパン株式会社)
所在地: 138 Cecil Street #12-01A Cecil Court 069538, Singapore
   (日本支社:東京都中央区銀座1-27-8 セントラルビル703号)
設立: 2017年9月17日
資本金: 1.95 Million USD(約2.1億円)
代表者: 代表取締役CEO ダニエル J ウェスト
   (日本法人代表 小川 高子)
事業内容: 人事データ活用に向けたインフラおよびBI会社
HP:  https://www.panalyt-ja.com/ (日本語)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング