2012年 春季 新製品 可憐な花々が咲き誇るティファールの調理器具 「リバティ・シリーズ」新登場

PR TIMES / 2012年3月1日 9時17分



可憐な花々が咲きほこる ティファールのオリジナルデザイン
調理器具「リバティ・シリーズ」新登場

株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都品川区五反田、代表取締役:パトリック・ロブレガ)は、フライパンやソースパンの外面・底面に、可憐で清楚な小花が咲きほこるデザインのティファール調理器具「リバティ・シリーズ」を2012年3月上旬に発売致します。オープンキッチンの普及により、“見せる”場所になったキッチン。
「調理器具を選ぶ時はデザインにもこだわる」と答えた人は、29%(2004年)から45%(2010年)*1と増加しており、機能性だけでなく、デザイン性の高い製品が注目されています。そこでティファールは、人気の「小花柄」を採用した「リバティ・シリーズ」を発売いたします。可愛いらしさとエレガンスさを兼ね備えた、ティファールのオリジナルデザインです。ティファールならではの耐久性と使いやすさはそのままに、インテリアとしてもキッチンを華やかに引き立てます。*1グループセブ社調べ

■キッチンが華やぐ!外面・底面のオリジナル フラワーデザイン■
外面にはシンプルな小花柄、底面いっぱいには2色の花々が咲きほこるティファールのオリジナルデザインです。ホワイトとパープルを基調に、かわいらしさとエレガンスさを兼ね備えた取っ手付き調理器具と取っ手のとれる調理器具セット(インジニオセット)の新シリーズです。

■中面は耐久性に優れた6層ふっ素樹脂コーティングの「エキスパートプロ」■
耐久性に優れたセラミックベースを使用し、フライパンをキズや摩耗からしっかりガード。こびりつきにくさ、焦げつきにくさを長く実感できます。金属へらも使用可能。
※ティファールは、1956年に世界で初めて、こびりつきにくい(ふっ素樹脂加工を施した)フライパンを販売しました。
※ソースパンは4層「エキスパート」コーティング。

■つややかな美しさが続く「セラミック外面」■
ガラス質を焼きつけたセラミック(ホーロー)加工の外面で、キズつきにくく、熱による変色の心配もありません。

■おいしさの決め手! 温度が目でみて分かる「お知らせマーク」■
中央にあるマークの模様が消えたら、予熱完了・適温に温まった合図。
食材を入れるベストタイミングが目で見て分かります。
世界でティファールだけ*の特許技術です。(* ティファールブランドを保有するグループセブ社)

◎取っ手のとれる調理器具“インジニオ”セットの魅力◎
省スペース!・・・重ねてコンパクトに!収納が快適
取っ手がとれるから大きさの違うフライパンやおなべをひとつにまとめてすっきりと収納。狭い場所にもコンパクトに収まるので、キッチンスペースを有効に使えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング