1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

高濱正伸×葉一×茂木健一郎×小幡和輝 教育業界のプロ4名が集結したオンライントークイベントが3月14日に無料で開催決定!

PR TIMES / 2021年2月12日 15時15分

「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」

株式会社ゲムトレ代表の小幡和輝が、教育業界で活躍する3名のプロフェッショナルを招き、これからの時代を生きる子どもたち、保護者を対象にしたオンライントークイベントを開催することが決まり、トークイベントの詳細が明らかになった。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56150/12/resize/d56150-12-782750-0.jpg ]


小幡和輝は、#不登校は不幸じゃない の発起人として、不登校に悩む子どもたちの支援を続けると同時に、ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』を起業。

ゲームを通じて脳を鍛えたり、コミュニケーション能力を高めたりすることができる教育プログラムを提供している。

今回、小幡の呼びかけに賛同し、この度イベントに参加することがきまったのは、花まる学習会代表 高濱正伸氏と教育YouTuber 葉一氏、そして脳科学者の茂木健一郎氏だ。

高濱正伸氏は、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「花まる学習会」を設立し、会員数は20000人を超え、「AERA with Kids2020年秋号」(朝日新聞出版刊)では、特別編集長を務めるなど、教育界で絶大なる信頼を得ている。

葉一氏は、YouTubeにおいて、小学3年生から高校生に向け授業動画や、学生の悩み相談にこたえる動画を配信。新型コロナによる休校などで、葉一の投稿する授業動画は世代を超えて話題となり、再生回数は3億回を超え、2020年11月にはMBS「情熱大陸」にてとりあげられるほど。

3人目のゲストは、脳科学者の茂木健一郎氏。小幡とは、2017年の対談からの繋がりで、2018年に発行された小幡の著書「学校は行かなくてもいい: 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」では、帯にコメントを寄せている。

3月14日に開催される配信イベントでのトークテーマは「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」。この度の新型コロナウィルスの影響で、より「先のことがよく分からない世の中」と考え悲観しているかもしれないが、時代の変化はチャンスにもつながる。

これまでの常識が通用しない世の中になっていくからこそ、新学期に向け教育のプロがいま何を考え、子どもたちに何を学んで欲しいのかをお伝えする。

今回のイベントに参加するにあたり、高濱正伸氏は

「長い不登校という特別な経験の中で、腐らず世界を凝視し、自分の感性と頭で感じ考え道を切り拓いてきた小幡君には、大きな可能性を感じます。これから世界を良くするエンジンになるだろう最高の魂を、みんなで応援しましょう。」と、コメント。

また、葉一氏は、

「小幡さんも私も世間から“特殊な生き方”と言われる道を歩んでいる存在。

だからこそ、子どもたちに伝えられるものがあると思っています。

当日、どんな化学反応が起きるのか楽しみです!」と意気込みを見せている。

茂木健一郎氏からはイベント開催に向けて

「人工知能の時代に最も大切なのは創造性とコミュニケーション。そのどちらをも輝かせるのが、「個性」。とてもユニークな個性を持つ小幡和輝さんと今のこと未来のこと明日のこと人間のことをお話するのが楽しみです。」と述べている。

これからの時代を生きる子どもたち、保護者を対象にした、高濱正伸×葉一×茂木健一郎×小幡和輝によるオンライントークイベント「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」は、

3月14日14時よりYouTubeのライブ配信にて視聴可能。事前申し込みはすでに400名を超えている。ぜひPeatixより事前申し込みを。

オンライントークイベント「これからの時代を生きる子どもたちに学んでほしいこと」

日時 3月14日14時から17時

14:00~小幡和輝×高濱正伸氏

15:00~小幡和輝×葉一氏

16:00~小幡和輝×茂木健一郎氏

YouTubeのライブ配信機能を使用予定

費用 無料(Peatixを使って申し込み)

申し込みはこちら↓

https://online-obata1.peatix.com/view

主催 小幡 和輝

プロフィール

ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』代表/ #不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。

当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、高校3年で起業。SNSのプロモーション企画やイベント事業などを行う。

ダボス会議を運営する世界経済フォーラムより、世界の若手リーダー『GlobalShapers』に選出。

2019年10月より、日本初、ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』を立ち上げる。

著書に 『学校は行かなくてもいい 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」』『学校では教えてくれない 稼ぐ力の身につけ方』など

オフィシャルブログ

https://www.obatakazuki.com/

ゲムトレ

https://gametrainer.jp/

[画像2: https://prtimes.jp/i/56150/12/resize/d56150-12-782750-0.jpg ]



ゲスト1. 花まる学習会 代表 高濱 正伸 様

1959年熊本県人吉市生まれ。
東京大学農学部卒、同大学院農学系研究科修士課程修了。
1993年「花まる学習会」を設立、会員数は23年目で20,000人を超す。

ニュース共有サービス「NewsPicks」のプロピッカー
日本棋院理事/算数オリンピック作問委員/「情熱大陸」などTV出演多数

(高濱 正伸 様 コメント)

長い不登校という特別な経験の中で、腐らず世界を凝視し、自分の感性と頭で感じ考え道を切り拓いてきた小幡君には、大きな可能性を感じます。

これから世界を良くするエンジンになるだろう最高の魂を、みんなで応援しましょう。

ゲスト2. 教育YouTuber 葉一 様

東京学芸大学を卒業後、営業職、塾講師を経て独立。2012年にYouTubeチャンネル「とある男が授業をしてみた」を開設。

小学校3年生から高校3年生対象の授業動画や、学生の悩み相談にこたえる動画を投稿している。チャンネル登録者127万人、再生回数は3億回を超える。著書に『塾へ行かなくても成績が超アップ! 自宅学習の強化書』(フォレスト出版)などがある。

(葉一 様 コメント)

小幡さんも私も世間から“特殊な生き方”と言われる道を歩んでいる存在。

だからこそ、子どもたちに伝えられるものがあると思っています。

当日、どんな化学反応が起きるのか楽しみです!

ゲスト3. 脳科学者 茂木 健一郎 様

1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。

理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、文藝評論、美術評論などにも取り組む。

2006年1月~2010年3月、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」キャスター。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『脳とクオリア』など著書多数。

(茂木 健一郎 様 コメント)

人工知能の時代に最も大切なのは創造性とコミュニケーション。そのどちらをも輝かせるのが、「個性」。とてもユニークな個性を持つ小幡和輝さんと今のこと未来のこと明日のこと人間のことをお話するのが楽しみです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング