ファーウェイ、最新のSoftCOMテクノロジーをSDN Japan 2013で紹介

PR TIMES / 2013年9月13日 14時21分

世界有数のICTソリューション・プロバイダーであるファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、2013年9月18日に開幕するSDN Japan 2013で、同社のSoftCOM BIZプログラムを通じて開発された一連の主要テクノロジーとソリューションを展示します。今回の展示では、OpenFlow 1.3に準拠したSDNコントローラーとデータ・スイッチング・システム、POF(Protocol Oblivious Forwarding:プロトコル忘却型フォワーディング)技術など、完全にプログラマブルなネットワークを実現するテクノロジーをご紹介します。

世界有数のICTソリューション・プロバイダーであるファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、2013年9月18日に開幕するSDN Japan 2013で、同社のSoftCOM BIZプログラムを通じて開発された一連の主要テクノロジーとソリューションを展示します。これらのソリューションは、最先端のSDN技術を活用して新たな事業価値を創出しようとする通信事業者を支援する重要なステップとなるものです。今回の展示では、OpenFlow 1.3に準拠したSDNコントローラーとデータ・スイッチング・システム、POF(Protocol Oblivious Forwarding:プロトコル忘却型フォワーディング)技術など、完全にプログラマブルなネットワークを実現するテクノロジーをご紹介します。ファーウェイはこれらの画期的な技術により、通信ネットワークへのSDN技術の導入が通信事業者の事業価値を高めるという新たな段階へと進むことを目指します。

SoftCOMとは、クラウド・コンピューティング、SDN、NFV(Network Function Virtualization:ネットワーク機能の仮想化)、ネットワークのオープン化を基礎にファーウェイが開発した未来指向のエンド・ツー・エンドICTネットワーク・アーキテクチャで、ICT技術の融合がもたらすビジネス・チャンスと課題の双方に通信事業者がスムーズに対応できるよう支援するものです。ファーウェイはこのSoftCOMをより具体化するため2013年6月にSoftCOM BIZプログラムを立ち上げ、通信事業者各社のネットワークに関する徹底した分析を通じて同アーキテクチャの導入シナリオを見極めるとともに、現行のネットワークに迅速に適用可能なSDN/NFVソリューションの開発を進めています。このたびのSDN Japanでは、このSoftCOM BIZプログラムを通じて開発された革新的なソリューションの中から、SDNを基盤とするモバイル・バックホールやGi-LANのトラフィック・ステアリング、データセンター相互接続(DCI)ソリューションのほか、クラウド型IPマルチメディア・サブシステム(IMS)/EPC、仮想セット・トップ・ボックス、ビジネス・イネーブルメント・スイート(BES)、CaaS(Communication as a Service)などを紹介します。これらのソリューションは、通信事業者がネットワークの利用効率や運用効率の向上、ネットワーク構築コストの削減、エンドユーザーへのカスタマイズ・サービスの迅速な提供、ネットワーク収益性の向上などを実現することができるよう設計されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング