中高生がもっとも受けたい授業として 「『カルピス』こども乳酸菌研究所」が大賞を受賞

PR TIMES / 2013年12月17日 14時41分



 カルピス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:山田藤男)は、株式会社リバネス(代表取締役:丸幸弘、本社:東京都新宿区)が運営する教育応援プロジェクト主催の『教育CSRシンポジウム2013』(2013年12月1日開催)において『中高生が選ぶ教育CSR活動』で大賞を、『教育CSR大賞』で部門賞を受賞しました。


▲当社が実施している出前授業「『カルピス』こども乳酸菌研究所」の様子
(5~6人の児童に対し1人ずつ講師役の社員がつきます。)


『教育CSR大賞』は、教員をはじめとする教育関係者や一般市民が、リバネス教育応援プロジェクトにノミネ
ートされた企業の教育応援活動の中から子供に勧めたいと思う活動をウェブ投票により選び、この投票結果をもとに部門大賞を、有識者からなる特別審査と『教育CSRシンポジウム2013』参加者により大賞を決定するというものです。また本年度、新設された『中高生が選ぶ教育CSR活動』は、中学生、高校生が受けてみたいと思う活動をウェブ投票により選び、最も票数が多かった企業を大賞とするものです。
今回、当社が小学校で実施している食育・理科・キャリア教育が複合的に学べる出前授業「『カルピス』こども乳酸菌研究所」のプログラム内容、社員が子供たちとコミュニケーションを図りながら進める授業スタイルが高く評価され、『教育CSR大賞』では部門賞を、『中高生が選ぶCSR活動』では大賞を受賞いたしました。当社は、今後も次世代を担う子供たちの心とからだの健やかな成長を願い、教育支援活動に積極的に取り組んでまいります。


【教育CSR大賞について】
リバネス教育応援プロジェクトがノミネートした企業の教育応援活動の中から、教員などの投票により『学校で
活用したい』、『子供にすすめたい』と思うプログラムを選出し、子供の未来を応援する素晴らしい活動として表彰する制度です。
<審査のポイント>
・子どもに新たな視点や発見を与えられる活動など、教育的価値が考慮されているかどうか。
・社会貢献活動の実現、社内人材育成など企業にもメリットがあり、継続性のある活動であるかどうか。
<審査者>
[一次審査者]・教育応援プロジェクトに賛同し登録している教員、一般市民 計3,412票
[二次審査者]・教育CSR活動に詳しい学校の教育者や大学の研究者など外部有識者
        早稲田大学大学院教職研究科長 日本キャリア教育学会常任理事
        厚生労働省労働政策審議会職業能力開発分科会委員  三村隆男先生 他
       ・『教育CSRシンポジウム2013』当日参加者             
【教育CSR大賞『中高生が選ぶ教育CSR活動』について】
リバネス教育応援プロジェクトがノミネートした企業の教育応援活動の中から、中学生、高校生の投票により『自分が受けてみたい』と思うプログラムを選出し表彰するものです。
<審査者>全国の中高生からの投票 計1,932票
※詳細は(株)リバネスのホームページをご覧ください。→ http://csr-award.net/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング