「きっかけバス47」にJALが特別協賛を決定!!

PR TIMES / 2013年12月24日 14時25分

「SKY BATON東北応援チャリティ・マイル」できっかけバスを応援



公益社団法人 助けあいジャパン(本部:東京都港区 代表理事:野田祐機)は、全国47都道府県から学生約2,000名を被災地へ送る震災の風化防止プロジェクト「きっかけバス47」の実施に向けて活動していますが、この度、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 植木 義晴、以下JAL)がこのプロジェクトに特別協賛することを決定しました。協賛内容としては、「きっかけバス47」を航空輸送面でサポートするとともに、2013年12月24日(火)からJALのマイレージを活用したチャリティ・マイルを募集します。

■ JALの新たな取り組み『SKY BATON』の東北応援チャリティ・マイル
JALグループでは2013年6月よりJAL東北応援プロジェクト「行こう!東北へ」を展開し、「地元振興」と「被災された方々の応援」を通じて東北地方の復興に寄与できるよう、さまざまな取り組みを実施していますが、新たに社会人が若者にバトンを託し、次世代育成と被災地支援の両面に取り組む企画「SKY BATON」を立ち上げました。この取り組みの第一弾として、「きっかけバス47」への支援が決定しました。
具体的には、JALマイレージバンク会員の方に、2013年12月24日(火)10:00から2014年3月16日(日)までの間、1口3,000マイルでのチャリティ・マイルを募集します。集まったチャリティ・マイル相当額で、助けあいジャパン「きっかけバス47」の活動を支援します。

キャンペーン名 : SKY BATON 東北応援チャリティ・マイル「きっかけバス47」
キャンペーン期間 : 2013年12月24日(火)10:00から2014年3月16日(日)23:59まで(日本時間)
申し込み先 : JALホームページより
チャリティ金額 : 1口3,000マイル(3,000円相当)から3,000マイル単位で受付
キャンペーンURL : http://www.jal.co.jp/tohokuproject/skybaton/


■『きっかけバス47』とは
私たち現役の学生が中心となって行う、東日本大震災の風化防止プロジェクトです。震災から丸3年が経とうとする今でも、東北の人々は「記憶の風化」と「風評被害」に苦しんでいます。これを解決するためには、より多くの人に東北に訪れてもらい、震災で何が起こったのか、人々は何を感じたのか、そして今の東北はどうなっているのかを正しく知り、伝え広める必要があります。
このため私たちは、2014年2月から3月にかけて、全国47都道府県から約2000人の学生を乗せて、東日本大震災での出来事と東北の今を知り、「復興」と「防災」を学ぶためのバスツアーを実施します。本企画は、旅による東北支援を進めている観光庁からも後援を頂いており、震災月命日にあたる11月11日(月)には、本企画の実行メンバーの学生10名が観光庁を訪問し、久保成人長官から激励の言葉も頂きました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング