小説家・柴崎竜人による初の写真小説展「COLORS」ブータンと、ちいさな物語 3/12より開催

PR TIMES / 2012年2月21日 15時6分



小説「あした世界が、」や映画「未来予想図」など小説家・脚本家として活躍するかたわら、世界各地を旅行し作品を撮りつづけている気鋭の若手作家・柴崎竜人による初の写真展「COLORS」が3月12日より天王洲のレストラン T.Y.ハーバー ブルワリーにて開催されます。

本写真展は2008 年秋、第五代ワンチュク国王の戴冠式に沸くブータン王国にて撮
影した写真作品をもとに、柴崎竜人が書き下ろした短編小説を同時に発表する「写
真」×「小説」という小説家ならではのセッションを楽しんでいただけるエキシビシ
ョンとなります。




「写真展という名の、物語。~新進気鋭の小説家がつむぎだす、写真と物語の世界。~」

2008年、若干28歳にして新国王となったブータン王国の第五代ワンチュク国王。その戴冠式に沸くブータンの首都ティンプーからパロ、プナカまでを小説家・柴崎竜人は二週間にわたり旅していました。
本エキシビションは、新国王誕生の祝祭的な雰囲気につつまれた王国の空気を感じ、柴崎が小説家の感性のままシャッターを切った作品群です。
これら写真作品は昨年の国王来日時にワンチュク国王に寄贈され、そのなかから本展示用にあらためて選び直されたものとなります。

撮影場所は標高2000 ~ 4000メートルという高所。強烈な太陽光によって浮かびあがるのは、チベット密教文化のもたらす鮮やかな色たちです。それは最後の秘境といわれる王国の色であり、厳粛たる自然のなかで生活を営みながら、幸福がなにかを知っている人々の色でした。本「COLORS」を通じて多くのかたに、世界で最も幸福だといわれる人々が目にする色の世界に触れて頂ければ幸いです。

また、今回はこれら写真のなかからさらに選ばれた3枚の作品をモチーフに、一篇の短編小説が書き下ろされています。まるで写真世界のなかにいるような読書体験を、東京の水辺にあるレストラン・T.Y.ハーバーブルワリーで、お食事やビールとご一緒にお楽しみ下さい。


開催概要
【タイトル】 写真小説展「COLORS」ブータンと、ちいさな物語
【期間】2012年3月12日(月)~5月13日(日)
【場所】T.Y. ハーバー ブルワリー 内
140-0002 東京都品川区東品川 2-1-3 tel:03-5479-4555
http://www.tyharborbrewing.co.jp/ty-harbor
【時間】レストラン営業時間に準ずる
【入場料】無料(お食事・別)









企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング