2026年までに7,766.4百万ドル相当の非線形光学(NLO)結晶の市場規模

PR TIMES / 2020年10月9日 8時45分

Reportocean.comは、2020年10月8日に、「非線形光学(NLO)結晶市場調査レポートと2026年までの予測」というタイトルの新しいレポートの追加を発表しました。これは、成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境など、主要な市場ダイナミクスに焦点を当てています。 非線形光学(NLO)結晶業界の脅威



[画像: https://prtimes.jp/i/67400/19/resize/d67400-19-879168-0.jpg ]

新しい研究によると、世界の非線形光学(NLO)結晶の市場規模は、2026年までに77億6,640万米ドルに達すると予想されています。レポート「非線形光学(NLO)結晶の市場シェア、サイズ、傾向、タイプ別(KTP、PPLN、BBO、LBO、CLBO、DKDP、ADP、KDP、その他)の業界分析レポート」、アプリケーション別(レーザー技術、医療、水中写真、光通信、光測距、量子情報科学、原子科学、リモートセンシング、その他);地域別、セグメント予測、2020-2026 "は、現在の市場のダイナミクスに関する詳細な洞察を提供し、将来の市場成長に関する分析を提供します。

非線形光学は、直接重ね合わせのガイドラインが無視される程度の条件下で、光と問題のコラボレーションを管理する科学の一部です。非線形光学関連のインスタンスには、子音の年齢、全体および区別の再発年齢、複雑な屈折記録の力への依存、光による光の放散、および活性化された光の分散が組み込まれています。これらの手順は、全光スイッチング、光パワー制限、画像制御、画像準備などのアプリケーションにつながります。

無料サンプルPDFを入手: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol28

絶縁宝石は、重要なクラスの2次要求非線形光学材料を構成します。反転の均一性の焦点が不足している孤立した宝石は、消えないセカンドリクエストの脆弱性を持つ可能性があることが解決されています。この前提条件は、貴石の選択を特定のバランスクラスのものに制限します。材料特性に関する追加の前提条件は、標準のステージ調整条件が満たされた場合に、2番目の要求の非線形光学手順が非常に効果的に発生する方法によって設定されます。


すべての資料でこの行為を示す必要がありますが、この手順の習熟度は一般にほとんどなく、リモートで制御することはできません。現在、ケンブリッジ(英国)、ミラノ、ジェノバ(イタリア)のグラフェンフラッグシップベンチャーの共犯者は、そのグラフェンがまともな光学反応を示すという理由だけでなく、電界を利用してこの衝撃の質を制御する方法を示しています。


新しいグラフェン光スイッチの製造を想像してみてください。これは、同様に新しい光周波数をブライダルして、光ケーブルと一緒に情報を送信し、送信できる情報の量を拡大します。現在、非線形光学を利用するほとんどのビジネスガジェットは分光法で利用されています。グラフェンは、超拡張伝送容量アプリケーション用の新しいガジェットの作成に向けて準備を整えることができます。


それにもかかわらず、これらは明らかに委任された取り決めであり、最終的にファイバーツーザビルディングまたはファイバーツーザホーム(FTTB / FTTH)を離陸する前に、高い投機コストをインラインイノベーション(主に穴掘り)で回復するための時間を購入することを目的としています。 。固定回線管理のこのパターンは、おそらくかなり長い間続くでしょう。ムーアの法則は、ストレージに関しては、いずれにせよさらに5~7年間勝ちます(プロセッサの速度については確信が持てません)。また、画面の開発がかなり遅くなる可能性があることを念頭に置いて、人間の目の能力の最も遠いポイントに到達するまで、より高い画面定義が8K以上に進みます。通常、ポータブルブロードバンドの改善は固定ブロードバンドのパターンを追求してきましたが、数年延期されました。

非線形光学結晶の適用には、原材料の価格が高いために高コストが含まれます。それは最終製品のコストを増加させるだけでなく、製造会社が同じものを採用することを思いとどまらせます。アジア太平洋地域の労働力は世界で最も安いにもかかわらず、最終製品のコストは大幅に上昇しています。これは、非線形光学結晶市場の主要な制約として機能します。

さまざまな非線形光学結晶技術が存在するか、生物学的システム、ガスエアポケット、水中アイテムの海上センシングから人体の修復センシングに至るまで、さまざまなゾーンで製造されています。方法論は、本質的な周波数発生波を利用して、検出される物品に関するデータを伝達する第2の配置の非線形全体またはコントラスト周波数ハンドルを生成することです。ここでは、記事の非線形センシングの実行ですべてが語られると、多くの混乱した、おそらく驚くべきシステムが、合計または区別の周波数フィールドを促す可能性があることを示します。

中国の通信セグメントは、1年前に絶え間ない開発を進め、強力なポータブルシステムのメリットとWebインフラストラクチャの改善を実現しました。工業情報技術部の報告によると、このセグメントの収益は、2018年に前年比3%増の1.3兆元(1,900億米ドルを超える)になりました。対人インタラクションアプリケーションの快活な改善により、総通信収入の通話料金の範囲は、2017年の17.9%から1年前の13.7%にさらに低下しました。その結果、市場にプラスの影響を与えることが期待されます。成長。


市場の主要なプレーヤーには、とりわけCovesion、HC Photonics、AdvR、Red Optronics、Inrad Optics、EskmaOpticsが含まれます。


非線形光学結晶市場は、タイプ、アプリケーション、および地域に基づいて分割されています

非線形光学結晶タイプの見通し(収益、百万米ドル、2015年-2026年)

KTP
PPLN
BBO
LBO
CLBO
DKDP
ADP
KDP
その他
非線形光学結晶アプリケーションの見通し(収益、百万米ドル、2015年-2026年)

レーザー技術
医療
水中写真
光通信
オプティカルレンジング
量子情報科学
原子科学
リモートセンシング
その他
非線形光学結晶の地域展望(収益、百万米ドル、2015年-2026年)

北米
我ら。
カナダ
ヨーロッパ
フランス
ドイツ
イギリス
イタリア
アジア太平洋地域
インド
日本
中国
韓国
ラテンアメリカ
メキシコ
ブラジル
中東とアフリカ

完全なレポートサンプルのレビューのリクエスト: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol28

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング