『ゆきゆきて、神軍』ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男をドキュメンタリーの世界へ導いた男大御所ジャーナリスト・田原総一朗へのインタビュー掲載クラウド・ファンディング限定本にて、決定!!!

PR TIMES / 2018年5月2日 17時1分

「ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男「全仕事」に迫る単行本を

出版したい」プロジェクトのクラウドファンディング目玉商品、

『タブーこそを撃て!原一男と疾走する映画(ムーヴィー)たち』

通常版128頁+16頁増量の特別版にて、

60~70年代、過激なTVドキュメンタリストとして活躍し、原一男監督へ

ドキュメンタリーの魅力を伝えた田原総一朗。その師匠が、原一男映画を語り尽くします。

このインタビューが掲載された書籍が読めるのは、本クラウドファンディング期間にお申込頂いた方のみ。この機会に、ご購入ください。


【クラウドファンディング:プロジェクト内容】

『タブーこそを撃て!原一男と疾走する映画(ムーヴィー)たち』

通常版128頁+16頁増量の特別版

★16頁増量特別版への掲載内容

・ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男監督の師匠・田原総一朗が

語る”原一男 全仕事”

・ご支援者様のお名前を掲載

金額:10,000円(税込)

申込締切日:2018年5月10日(木)23:59

「原一男 クラウドファンディング」で検索
https://a-port.asahi.com/projects/harakazuo_kinejun/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング