『R11ドライバー』 ~日本モデル『R11Jドライバー』 、『R11Ti フェアウェイウッド』も同時ラインナップ~ 2012年2月24日発売予定

PR TIMES / 2012年1月17日 9時19分



世界のツアーを席巻した“白いドライバー”にニューモデル登場!
進化したテクノロジーがさらなる調節性能と飛距離性能を実現!!
『R11ドライバー』
~日本モデル『R11Jドライバー』 、『R11Ti フェアウェイウッド』も同時ラインナップ~ 
2012年2月24日発売予定


テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)ではこの度、2011年に世界のツアーを席巻した白いドライバー『R11ドライバー』をさらに進化させ、高い調節性能と飛距離性能を実現したニューモデル、『R11Sドライバー』を新たにラインナップ。2012年2月24日より発売します。

『R11Sドライバー』では、新たに5通りのフェースアングル調整を可能にするNew「ASP(アジャスタブル・ソール・プレート)」を搭載。ロフト調整機能の「FCT(フライト・コントロール・テクノロジー)」、そして弾道調整を可能にする「MWT(R)(ムーバブル・ウェイト・テクノロジー)」の3つの調整機能を組み合わせることで80通りの弾道調性が可能。さらに、ホワイトカラーを施したクラウン部がアドレス時における安心感と集中力向上に貢献。ブラックPVD加工されたフェースとのコントラストがターゲットに向かって正確なアドレスをサポートします。また、460CCのオーソドックスなヘッド形状が高い慣性モーメントと低深重心化を実現、高い直進性と大きな飛距離を導き出します。

テーラーメイド ゴルフカンパニー(本社:米国カリフォルニア州)エグゼクティブバイスプレジデントのショーン・トゥーロンは『R11Sドライバー』について次のように述べました。「R11Sドライバーは、大きなヘッドとエアロダイナミックな白いクラブヘッドによって革新性、調節性そしてパフォーマンス性のいずれにおいても、従来のR11ドライバーを上回り、あらゆるスキルレベルのゴルファーの期待に応えられるドライバーになりました」。『R11Sドライバー』はテーラーメイドのフラッグシップモデルとして、2012年も積極的に世界中のツアーにおいてプロモーションを展開。引き続き世界中のツアーを”白”で席巻していきます。

また、「R11」シリーズにはやさしさを追求し、「ASP」と「FCT」の2つのシンプルな調節機能に加え、さらなる軽量化を施した日本モデル『R11Jドライバー』とヘッドボリュームの向上と、軽量化を実現した『R11Tiフェアウェイウッド』も同時にラインナップ。多くのゴルファーに最適かつ大きな飛距離性能を提供します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング