メールの誤送信防止や送信ログの収集を行うことができるOutlook専用のアドインツール『LB Mail Sitter』を発売

PR TIMES / 2019年10月4日 13時15分



[画像1: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-945455-0.png ]

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(URL: https://www.lifeboat.jp/) は、Noraneko Inc.が開発した、メール送信時の誤送信防止や添付ファイルの暗号化、送信ログの収集等、様々なポリシー設定を行うことができるOutlook専用のアドインツール「LB Mail Sitter(エルビーメールシッター)」を2019年10月4日より販売を開始します。

「LB Mail Sitter」の価格は、100台のPCまで利用できるサブスクリプションが68,000円(税別)、無制限のPCで利用できるサブスクリプションが128,000円(税別)となり、その他に買い切りのライセンスも用意しています。

「LB Mail Sitter」は、メール誤送信の防止等の情報漏えい対策が行えるOutlook専用のアドインツールです。メールの送信前に宛先や添付ファイルの確認画面を表示させることで、二重確認によるメールの誤送信防止を行える他、特定のキーワード、宛先による、警告/送信禁止設定、添付ファイルの自動ZIP暗号化機能、送信メールのログ保存など、メールからの情報漏えい対策を行うことができる様々な機能が搭載されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-734073-1.jpg ]



【 LB Mail Sitterの機能一覧 】

◇ 送信前に確認画面を表示する機能
◇ 添付ファイルの情報の表示、添付漏れの警告
◇ キーワード、宛先による警告/送信禁止機能
◇ キーワード、宛先による自動CC/BCC追加設定
◇ 添付ファイル送信時に自動CC/BCC追加設定
◇ 添付ファイルの自動パスワードZIP化とパスワードの自動送信
◇ 送信ログの自動保存(ローカル保存&ネットワークドライブへ自動コピー)
◇ 送信保留機能(遅延送信機能)
◇ ホワイトリスト機能(確認画面の自動チェック、非表示が可能)
◇ 名称とドメインの紐付け(宛先と社名の一致を確認)
◇ 設定ファイルの作成/編集と一括インストール


【 LB Mail Sitterの機能と特長】

■ メール送信前の確認画面を表示

インストールするだけで、メール送信前に確認画面を表示させることができます。メールの送信先、添付ファイルなど、すべてチェックすることで送信が行えるようになります。添付漏れや大容量の添付ファイルの警告、キーワード、宛先による警告を表示させることができます。社内宛てメールについては、確認画面を表示させない設定も可能です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-922562-2.jpg ]



■ キーワード、宛先による警告/送信禁止機能
本文に特定のキーワードが含まる場合や、特定のアドレス、ドメインが含まれる場合には、警告を表示させたり、送信を禁止することができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-254185-3.jpg ]

■ キーワード、宛先による自動CC/BCC追加
本文に特定のキーワードが含まる場合や、特定のアドレス、ドメインが含まれる場合には、自動的にCC/BCCを追加することができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-997344-4.jpg ]

■ 添付ファイルの送信時に自動CC/BCC追加
添付ファイルがある場合には、自動的にCC/BCCを追加することができます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-497076-5.jpg ]

■ 添付ファイルの自動ZIP暗号化、パスワードの自動送信
添付ファイルがある場合には、添付ファイルをパスワード付きZipファイルに変換し、解凍するためのパスワードを別メールで送付することが可能です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-888716-6.jpg ]

■ 送信メールログの自動保存
メールをいつ、だれに送付したのか、送信ログを保存するすることができます。
ログをローカルフォルダに自動保存できる他、ネットワークドライブなど、任意の場所にコピーすることができます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-542083-7.jpg ]

※保存されるログ
送信日、送信時刻、コンピュータ名、ログインユーザ名、送信元アドレス、件名、メール種別、TO、CC、BCC、添付ファイル名(ファイルサイズ)、パスワード付きZIP化の有無、送信予約時刻、確認画面表示/非表示

■ ホワイトリスト
ホワイトリストに登録したドメインやアドレスは、確認画面でのチェックを不要にしたり、確認画面を表示させない設定も可能です。
[画像9: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-164899-8.png ]


■ 名称とドメインの紐づけ
宛先にドメインの紐づけを行うことができます。メール本文に含まれる名称と、送付先のアドレスやドメインが一致しない場合に、警告を表示させることができます。
[画像10: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-730697-9.png ]


■ 送信保留(遅延送信機能)
通常Outlookでは、メールは即座に送信されますが、指定した時間だけ、送信トレイで送信を保留することができます。

■ 設定ファイルの作成、編集ツール
管理者向けにLB Mail Sitterの設定情報を作成/編集、保存可能なツールが用意されています。アドレス、ドメイン、警告キーワードなどは、CSVファイルによるインポート/エクスポートも可能です。ユーザー自身でも設定を追加/変更できるように運用するだけでなく、ユーザには設定内容を一切変更できないように制限することも可能です。
[画像11: https://prtimes.jp/i/17223/23/resize/d17223-23-613425-10.png ]


■ 設定ファイルによる一括インストール
管理者より作成された設定ファイルを使用して、同じ設定での一括インストールが可能です。

■ カスタマイズ可能
製品をベースに、貴社のポリシーに合わせてカスタマイズも可能です。別途下記までお気軽にお問い合わせください。


LB Mail Sitterの詳細は、下記サイトをご覧ください。

https://www.lifeboat.jp/products/ms/index.php


製品に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート 製品企画部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: sales@lifeboat.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング