無料送金アプリ「pring」、法人から個人への送金サービス「業務用プリン」を正式リリース。

PR TIMES / 2019年3月7日 9時40分

2019年内の利用を無料に。

お金を「おくる、もらう、払う、チャージ、口座にもどす」がすべて無料の送金アプリ「pring(プリン)」を提供する株式会社pring (東京都港区、代表取締役 荻原充彦)は、法人向けの送金サービス「業務用プリン」を、正式リリースしました。
これを記念して、2019年4月末までにお申し込みの法人様は、2019年末までの送金手数料など、すべての費用が一切無料でご利用いただけます。



本サービスでは、プリンの送金サービスに法人登録することにより、無料送金アプリ「プリン」を通して、法人からユーザーへの送金が簡単に行えるようになるものです。
送金サービスの導入により、従業員の経費精算や報酬支払いの他、顧客に対する返金対応やキャッシュバックキャンペーンなど、様々なシーンでのB to C送金を簡略化することが可能になります。

今回の無償提供は、お金の通り道に発生する摩擦(手数料)を減らし、弊社が提唱する「お金コミュニケーション」をさらに促進することを目的としています。

く詳しくはこちら: http://bit.ly/pring_business

[画像1: https://prtimes.jp/i/34071/24/resize/d34071-24-403743-1.png ]



業務用プリンの利用手順

1.お金を送りたいプリンユーザーの電話番号と送金金額が含まれたCSVを出力。
2.CSVを管理画面にアップロードすると、完了!完了した瞬間に送金先のプリンアプリに着金します。
※送金のためのAPIもご用意しておりますので、自動で送金することも可能です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/34071/24/resize/d34071-24-175797-0.jpg ]




導入企業様の例

・大手ガス会社様
従業員への報奨金支払いや、検針員への委託費用の支払いに利用。着金までの期間が短縮され、従業員のモチベーション向上にも。

・飲食チェーン様
店ごとに小口現金での経費精算を行なっていたが、小口現金を廃止し、キャッシュレス化することにより、店長の負担になっていた現金管理コストを削減。

・コンサル会社様
従業員の出張が多く、経費の立替えがストレスに。プリンは振込手数料が安いため、これまでの月1回の経費支払を週1回に変更。立替負担がなくなり、従業員満足度アップ。

・リサーチ会社様
モニターに対するアンケートの謝礼をポイント受取からプリンでの現金受取に変更。プリンは出金手数料がかからず、すぐに現金化できるため、モニターの皆様からも高評価。



無料送金アプリ「プリン」について


[画像3: https://prtimes.jp/i/34071/24/resize/d34071-24-845742-2.png ]

「プリン」は、メッセージ感覚でカンタンにお金を送りあえるアプリです。
アプリのトップページから相手を選び、送りたい・受け取りたい金額と、メッセージを入力して送信するだけ。
チャット機能を通して、会話の流れの中で自然にお金のやりとりができるので、現金特有の気まずさを感じることなく、お金コミュニケーションをお楽しみいただけます!

◆「プリン」の機能
・お金をおくる
・お金をもらう
・お店ではらう

もちろん、すべての機能をいつでも無料で使っていただけます。
やりとりしたお金はいつでも、銀行口座にもどすことが可能です。



株式会社pringについて

株式会社pringは、「お金の通り道に発生する摩擦を減らす」という理念のもと、2017年5月にみずほ銀行、株式会社メタップス(マザーズ上場企業)、株式会社WiL(ベンチャーキャピタル)の3社の資本提携によって誕生しました。

2018年3月より、メッセージ感覚でカンタンにお金を送りあえる無料送金アプリ「pring(プリン)」を提供開始。同年6月には業界最安水準の決済手数料<0.95%>にて店舗での支払い機能をリリース。同年11月には伊藤忠商事、ニチガス、SBIインベストメント、SMBCベンチャーキャピタルなどから総額12.8億円の資金調達を実施。

今後も、お金コミュニケーションをさらに活性化し、お金の循環をスムーズにしていきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング