車いすテニスプレーヤー・上地結衣選手のプレーと睡眠をエアウィーヴが全面サポート

PR TIMES / 2019年7月19日 13時40分

科学的なアプローチで競技用車いすクッションを独自で開発

 この度、株式会社エアウィーヴ(東京都中央区、代表取締役会長兼社長:高岡本州。以下、エアウィーヴ)は、車いすテニスプレーヤー・上地結衣選手とスポンサー契約を締結しました。契約締結に伴い、上地選手の睡眠をサポートするだけでなく、エアウィーヴのテクノロジーを駆使し上地選手専用の競技用車いすクッションを開発いたしました。
 本年、エアウィーヴは、医療介護用マットレスを発売、ウェルネス領域に本格参入いたしました。今後もこれまでの知見を活かし、より多くの方の快適な生活を支えていけるよう努めてまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-383065-0.jpg ]




【 上地結衣選手プロフィール 】

 日本のプロ車いすテニスプレーヤー。2014年に、全仏、全米オープンで優勝し、その年の5月、初めて世界ランキング1位を獲得。女子車いすテニスダブルスで史上3組目となる年間グランドスラムを達成し、「女子車いすテニスにおける最年少での年間グランドスラム記録」としてギネス世界記録に認定された。


[画像2: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-977748-11.png ]

 「車いすにはこだわりをも持っていたが、クッションにはこだわりを持ったことがない」という上地選手の言葉をきっかけに、当社としても初となる競技用車いすクッションを開発する運びとなりました。これまで、競技用車いすのクッションは、単なる車いすメーカーの付属品であり、科学的なアプローチが十分なされてきませんでした。

 今回、当社は上地選手の更なるパフォーマンス向上を目的として、約15種類の試作品を試す等、度重なる調整を経て、上地選手専用の競技用クッションを完成させました。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の金岡恒治氏にもご協力いただき、「中央ラインを硬くする」というアイディアを取り入れた結果、プレー中の姿勢を各段に安定させることができました。

 さらに、クッションに体圧測定器を乗せ、プレー中の臀部への圧力や体幹のブレを測定したデータを現在解析中。この解析結果を上地選手へフィードバッグすることで、パフォーマンス向上に役立てていただくと共に、クッションの改良にも役立てていく予定です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-963990-7.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-891707-13.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-610650-12.png ]

 「練習や試合等で使用していく中で今までと比較し、体幹を使えている感覚があり、姿勢が良くなった。プレー中は身体のホールド感があり、次のポジションにつきやすく、クッションの重要性に気づかされた。」とコメントをいただいております。

[画像6: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-470149-6.png ]

4月下旬に神戸で開催された国際テニストーナメントで優勝された際も、競技用車いすクッションをご活用いただきました。


[画像7: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-853379-10.png ]

 上地選手に初めてエアウィーヴをご使用いただいたのは、2016年。現在は、エアウィーヴのベッドマットレスとお布団をご愛用いただいています。 「腰のサポートがしっかりしていて、寝返りが楽に感じる。 従来使っていた寝具に比べ翌朝に残る疲労感が少ない。」とコメントをいただきました。更に進化し続けている上地選手が、より上質な睡眠環境を手に入れ、最高のコンディションで試合に臨めるようエアウィーヴは上地選手の睡眠をサポートします。

[画像8: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-188762-8.png ]

 現在、上地選手には「エアウィーヴ ベッドマットレス S03」「エアウィーヴ 四季布団和匠」「エアウィーヴ ピロースタンダード」「エアウィーヴ ピローS-LINE」をお使いいただいています。


[画像9: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-411186-2.jpg ]



<エアウィーヴ ベッドマットレスS03>
 エアファイバー(3分割)に、片面は硬め、もう片面は柔らかく、DUAL MODE機能をそなえたベッドマットレスです。身体のMODE(状態)に合わせて、肩・腰・足それぞれの部分で自在に使い分けることが可能です。

[画像10: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-823253-1.jpg ]

<エアウィーヴ 四季布団 和匠>
 肩は柔らかめに、腰は硬めにアレンジしたS-LINE機能をそなえることで腰の沈み込みを軽減し、寝返りや横寝の時に肩が楽に回ります。カバーは両面仕様で、夏は蒸れにくく、冬は暖かく四季を通じて快適です。

[画像11: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-517704-5.jpg ]

<エアウィーヴ ピロースタンダード>
 優れた復元性と通気性で、蒸れにくく、眠りを妨げない快眠枕です。寝心地を試しながら、中に入っている複数枚のシートコアを抜き差しして、高さを自由に調整してお使いいただけます。ご使用になっている寝具の硬さや体型、体格に対応できる構造になっています。

[画像12: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-658349-4.jpg ]

<エアウィーヴ ピローS-LINE>
 仰向けでも横向き寝でも、理想的な頭の高さをキープするため、ピローの両サイドを中央に比べて硬く調整しました。枕の表面に凸凹をつけるのではなく、硬さ・柔らかさをairfiberの中で連続的に変化させているので、なめらかに寝返りを打つことができます。


[画像13: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-676097-9.png ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/31777/26/resize/d31777-26-144983-3.jpg ]

<エアウィーヴ ウェルネスモデル>
 70mm厚のairfiberで体圧を分散するマットレス。適度な復元力で体位変換が容易、硬さも柔らかさも両方の寝心地をhard面・soft面と選べるリバーシブルタイプ。完全防水カバー仕様です。 (M80シリーズ)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング