1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【リカレント教育】DX時代の人材育成に役立つITサービスマネジメントのeラーニング講座を、オンライン学習プラットフォーム「AirCampus(R)」上で提供開始

PR TIMES / 2021年9月6日 17時15分

あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)のグループ会社である株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 岡本 宗之、以下「ITPJ」)は、来るべきポストコロナ時代のデジタル人材育成を促進し、また、社会人の学び直しを支援する「リカレント教育」強化の一環として、2021年9月下旬よりBBTが開発・運用をするオンライン学習プラットフォーム「AirCampus(R)」上でeラーニングサービスを提供開始します。

(※)リカレント教育とは・・・ビジネスパーソンの間で関心が高まっている「学び直し」のことで、生涯に渡り教育と就労を交互に行う生涯学習の教育システムです。日本国内では、働きながら学ぶ場合や学校以外での学びを広く含む言葉としても使われています。



[画像: https://prtimes.jp/i/59894/26/resize/d59894-26-a26b04fdf6f056b4d814-0.jpg ]



ITPJでは従来より、eラーニングサービスをオランダのITプレナーズ本社が提供するオンライン学習プラットフォーム上で提供して参りましたが、2021年9月下旬より、BBTが開発・運用をするオンライン学習プラットフォーム「AirCampus(R)」を活用してのサービス提供に切り替える運びとなりました。


「AirCampus(R)」上でのeラーニングサービスの提供により、受講者の学びやすさの改善と選択肢の拡充を図り、下記の付加価値を高め学習効率・効果の向上に寄与します。

-管理者により、受講者の学習進捗状況が確認できる。
-日本語を母語としない受講者への学習補助となる、他言語字幕に対応。
-再生速度が0.8倍~2.0倍に調整可能となり、受講者が視聴しやすいペースで学習できる。
-iOS、Android OSの専用アプリケーション上での視聴が可能となり、より場所を問わずに学習できる。
-上記専用アプリケーション上ではダウンロードも可能になり、オフラインでも視聴できる。


AirCampus(R)を活用したコンテンツの第一弾として、デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代に企業が変革を遂げるためのアプローチを体系的にカバーした、ITサービスマネジメントの事実上のグローバル標準であるITIL(R)4(※2)の認定研修を予定しています。

まずは、学習の入り口となる基礎レベルのITIL(R)4ファンデーションeラーニングコースより、提供開始して参ります。今後も随時、提供ラインナップを拡大いたします。


(※2)ITIL(R)は、AXELOS Limitedの登録商標です

参考URL: https://www.itpreneurs.co.jp/course/itil4foundation-e-learning/

【ITプレナーズについて】

デジタルトランスフォーメーションの時代に必要な教育コンテンツを、様々な形で提供するコンテンツプロバイダー。ITIL(R)、PRINCE2(R)、アジャイル、DevOpsをはじめとした、DXの推進にも重要となるITサービスマネジメント、プロジェクト管理などの分野を幅広く揃え、研修・教材・講師・認定試験を様々な形で提供している。2001年にオランダとインドで設立され、日本法人は今年で設立15周年を迎える。2019年に株式会社ビジネス・ブレークスルーと資本・事業提携を開始し、DXに挑む組織の発展に、人材育成というアプローチで貢献している。 https://www.itpreneurs.co.jp/


【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作などあらゆる年齢層に対し生涯に渡る「リカレント教育」を提供する。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。また、1,300社以上の企業に対して研修を提供。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。 https://www.bbt757.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング