~歯磨き粉2013年10月~12月の購買理由~売れ筋1位は「ライオン クリニカ」、2位は「ライオン デンター」、3位は「花王 クリアクリーン」 上位5シリーズ3メーカーで全体の6割のシェアを占める

PR TIMES / 2013年12月20日 13時43分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約50カテゴリー。2013年11月26日時点で、購買理由データ数544,333件、会員数 43,379名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は10月7日~12月1日の約2カ月、分析対象カテゴリーは「歯磨き粉」で実施し、全国の消費者を対象に2,119(男性626データ、女性1493データ)レシートデータの回答を基に分析しました。




◆期間中トップは「ライオン クリニカ」も上位3シリーズは三つ巴


 歯磨き粉カテゴリーの期間中における購入は、2,119レシートとなりました。このレシートデータをシリーズ別にみると、1位は「ライオン クリニカ」で307レシート、2位は「ライオン デンター」で291レシート、3位は「花王 クリアクリーン」で287レシート、4位は「サンスター GUM(ガム)」で201レシート、5位は「サンスター Ora2」で183レシートとなりました。レシート総数に占める上位5シリーズのシェアは59.9%、「その他」を除く上位9シリーズのシェアは77.9%となっており、売れ筋上位のシリーズのシェアが高いカテゴリーであることがわかりました。

◆「サンスター Ora2」と「花王 ピュオーラ」が30代からの支持を獲得


 その他を含む上位10シリーズの購入者を年代ごとに分けてみると、ボリュームゾーンは40代で、特に「花王 ガードハロー」は購入者の45.4%が40代でした。また、30代の比率が高かったのが「サンスター Ora2」、「花王 ピュオーラ」で、それぞれ41.5%、48.1%でした。コーヒー、紅茶、ワインなどで付着するステイン(着色汚れ)にアプローチする「サンスター Ora2」の訴求や、年齢とともに気になり始める口内のネバつきにフォーカスした「花王 ピュオーラ」の訴求がこの世代の琴線に触れたと推測されます。

◆デンター、Ora2がトライアルユーザーの取り込みに成功


 上位5シリーズについて、いつも購入しているロイヤルユーザー、以前に何度か購入しているライトユーザー、今回初めて購入したトライアルユーザーに分けて見ると、「ライオン デンター」と「サンスター Ora2」が他の3シリーズよりもトライアルユーザーの割合が高いことがわかりました。一方でロイヤルユーザーが多いのは「サンスター GUM(ガム)」で、56.7%がいつも購入していると答えており、愛用者が継続使用している様子が伺えました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング