KEY STATIONから新型KEY BOXがリリース!ザイマックスアルファ社による初期導入が決定

PR TIMES / 2020年8月27日 14時45分

あらゆるタイプの「鍵」に対応し、不動産施設管理やホテル無人フロントなどあらゆる用途に使える新型KEY BOXが8月に正式リリースしました。

24時間「鍵」の受け渡しを自動管理するKEY STATIONを全国に展開しているKeeyls株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 大貫功二)は、通算2,000棟超の不動産運営管理実績を基に、運営管理業務をワンストップで提供する株式会社ザイマックスアルファ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 吉本健二)の導入を機に新型KEY BOXを正式にリリースいたします。



KEY STATIONとは?

KEY STATIONは、不動産などの施設を無人で管理するための総合型リモート管理システムです。具体的には、鍵の管理 、予約管理、本人確認の機能を基本として組み合わせることにより、あらゆるタイプの不動産のリモート管理を実現します。KEY STATIONは、もともと「鍵」の24時間無人受け渡し管理システムとしてスタートしましたが、現在ではリモート本人確認・チェックイン機能、さらには内見および施設予約管理機能が備わり、ホテルのみならず不動産管理会社様や仲介会社様に多く利用され始めています。

主な機能
・365日24時間利用可能
(※ファミリーマート店舗設置の場合は店舗営業時間に準じる)
・鍵のIn/Outステータスがリアルタイムで管理可能
・鍵のパスワードをいつでも変更可能
・鍵を取り出す人に鍵取得案内を自動送付

KEY STATIONの設置場所は?

現在、全国のファミリーマート店舗を含む約300箇所にKEY STATIONが設置されています。利便性を向上するため、今後さらに設置箇所を拡大してまいります。新たに設置することも可能ですので、KEY STATION導入の際にはご相談ください。ご要望に応じて物件の入り口などにKEY STATIONを設置することも可能です。


新型KEY BOXの特徴
従来型のKEY BOXとは大きく異なり、以下の特徴のように幅広い用途に利用できるKEY BOXになっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20131/29/resize/d20131-29-314589-5.png ]



<紹介動画>

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=3Gw_b7K1ewI ]




多様な形状・タイプの鍵に対応

BOXタイプになっており、BOXスペースに入るものであれば、シリンダーキーやカードキーや車の鍵を含むあらゆるタイプの鍵が利用が可能です。


鍵以外のものでも受け渡しが可能に

鍵に限らず、ボックスの中に入るものであれば、小物類など無人受け渡し管理にご利用いただけます


預ける鍵と、鍵を預ける場所(利用するKEY BOXの場所)がフレキシブルに変更が可能

不動産内見の場合などのように、使う物件の「場所」や使用する「鍵」が一定期間で変わる場合でも簡単に、付け替え・変更ができる仕様になりました。


株式会社ザイマックスアルファ様の導入事例
ザイマックスアルファ社は、自社が運営管理する都心部の190物件において、KEY STATIONの導入により、鍵管理の1.リモート運用と2.情報の一元管理が可能になりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20131/29/resize/d20131-29-763415-0.png ]



リモート運用の実現

これまでは、都度担当者が本社まで鍵の受け取り・返却に来ていたが、各ビルの最寄りのファミリーマート店舗にあるKEY STATIONで鍵を取り出し、返却できるようになったため、大きく効率が改善。


情報の一元管理の実現

KEY STATIONシステムにより「誰(どの担当者)が」「どの鍵を」「いつ(何時に)」「どこで」取り出し、また返却をしたか、という情報が一元的かつタイムリーに管理できるようになった。


お申し込み方法
お手数ですが、下記サイト内お問い合わせフォームよりお願いいたします。
KEY STATION公式サイト:  https://key-stations-lp.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング