『動物性たんぱく質不使用べジオードブル』『食物アレルギー配慮おせち』『食塩不使用のおせち』の早期受注を自社通販サイトにて8月2日よりスタート!

PR TIMES / 2019年8月3日 17時40分

~誰もがみんな一緒に同じおせちを楽しめる「配慮おせち料理」の早期受注を「ダイレクトイシイ」にてスタートします~



[画像1: https://prtimes.jp/i/34294/30/resize/d34294-30-112156-0.jpg ]

 石井食品株式会社(本社:千葉県船橋市 代表取締役社長:石井 智康)は、『2020年石井食品の配慮おせち料理』として、特定原材料7品目(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生)を使用していない『食物アレルギー配慮おせち のぞみ・かなえ』や『食塩不使用のおせち 千鶴(ちづる)』、そして今年から新しく『動物性たんぱく質不使用 べジオードブル』を発売します。
近年、配慮おせちシリーズは「売り切れてしまう前に早めに予約したい」という声を多く頂いておりましたので、今年はそのようなお客様の声に対応させていただく為、8月2日より石井食品通販サイト「ダイレクトイシイ」にて早期受注を開始します。

◆開発への想い
 家族や親せきが集まるお正月の食事で、「孫が食物アレルギーを持っているが、お正月は一緒におせち料理を食べたい」、「子どもに食物アレルギーがあり、好きなメニューが選べるおせち料理が欲しい」、「塩分制限が必要なのでおせち料理が食べられない」「動物性の食材を使わないおせち料理があったら」というようなお客様からの声を生かし、誰もが一緒に安心して同じおせちを楽しむことができる配慮おせち料理づくりに取り組んでいます。
お正月商品においても無添加調理(※1)での商品づくりにも取り組み、主原料はすべて国内産の厳選素材を使用しています。常にお客様の声をもとにした商品づくりを心掛け、これからも食物アレルギーや塩分制限、動物性の食材を口にしない方など、食事にお困り事をお持ちの方や健康を気遣う多くの皆様に寄り添った商品づくりを行っていきます。(※1)当社での製造過程においては食品添加物を使用しておりません。

●2020年石井食品おせち料理早期受注サイト  https://item.directishii.net/osechi/

1.動物性たんぱく質不使用べジオードブル
『動物性たんぱく質不使用おせち』は、普段から野菜中心の生活をされている方にもおせち料理を味わってほしいという想いから開発され、動物性たんぱく質を使用していないおせち料理として今年から新しく発売を開始します。
普段から野菜中心の生活をしている方をメインターゲットとし、忙しい年末でも温めて盛り付けるだけで美味しく召し上がれます。
全てのメニューの主原料は国内産の素材にこだわりました。 動物性の食材は一切使用せず、植物性の食材で仕上げています。肉や魚はもちろん乳製品や卵、動物性の出汁も使用していません。また白砂糖を使わず粗糖を使用しました。ヴィーガン(※2)対応商品です。
(※2)ベジタリアン(菜食主義者)のうち、畜肉・鶏肉・魚介類などの肉類に加え、卵や乳・チーズ・ラードなど動物由来の食品を一切とらないライフスタイル。

◆商品紹介:『動物性たんぱく質不使用 スタイルべジ』2人前 8品目 袋・カップ詰め
本体価格7,500円(税込8,100円)・送料無料
株式会社みんなのごはん監修(ベジタリアンメニュー、食材開発コンサルティング企業)
まだまだ特別な印象が強いベジタリアンやヴィーガンですが、世界的にみると非常に注目を集めています。日本国内でも健康志向の高まりやインバウンド需要を意識したベジタリアンメニューが徐々に拡がってきています。
こうした食の多様化やお客様の声に応えられるように動物性たんぱく質不使用の商品ラインナップを充実させ、個々のライフスタイルに取り入れやすい新しい食の選択肢を提案します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34294/30/resize/d34294-30-930101-1.jpg ]


2.食物アレルギー配慮おせち
『食物アレルギー配慮おせち』は、食物アレルギーでお困りのお子様にも笑顔で家族と同じ料理を楽しんでほしいという想いから開発され、特定原材料7品目を使用していないおせち料理として2008年から発売を開始しました。
これらの食物アレルギー物質を混入させないように、石井食品京丹波工場の専用施設にて徹底した管理のもと商品の製造をしています。例えば、調理スタッフの作業服は厨房ごとに色分けし、作業服の混在などによっておこる食物アレルギー物質の混入を防いでいます。
また、食材選定時・商品製造時・お重詰め後に「ELISA法(酸素免疫測定法)」にて食物アレルギー物質検査を実施し、合格したものだけを出荷しています。

◆商品紹介:『食物アレルギー配慮おせち のぞみ』2~3人前 26品目 重詰め(和風3段重)
本体価格14,500円(税込15,660円)・送料無料
ひとつのテーブルで、同じものが食べられる幸せ。団らんを願うおせち料理です。特定原材料7品目を使用せず、小麦を使わないで醸造した醤油などで仕上げました。食物アレルギー物質の検査は食材ごと、および盛り付け後に「ELISA法」で実施します。厳選した佐賀県産若鶏のもも肉に下味をつけ、米粉でサクッと香ばしく揚げた若鶏の唐揚げ、宮崎県産若鶏にとうもろこしなどの野菜を入れたハンバーグなどお子様に人気のメニューと伝統のメニューを無添加調理で仕上げて盛り込んでいます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/34294/30/resize/d34294-30-109082-5.jpg ]

◆商品紹介:『食物アレルギー配慮おせち かなえ』2~3人前 13品目 袋・トレー詰め
本体価格6,300円(税込6,804円)・送料無料
送料無料特定原材料7品目を使用せずに調理しています。全品が個包装になっていますので、食材ごとの接触を防ぐことができ、より重篤な食物アレルギーをお持ちの方でも安心してお召し上がりいただけます。
メニューごとに「ELISA法」を実施し、合格シールを貼ってお届けしています。お子様の食育としても楽しい、ご家庭内で自由に盛り付けられるタイプのおせち料理です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/34294/30/resize/d34294-30-612315-8.jpg ]


3.食塩不使用おせち
近年、塩分の取り過ぎによる生活習慣病の方が増えてきており、当社にも塩分量に対するお問い合わせをいただいています。おせち料理は三が日に台所仕事が休めるよう、濃いめの味付けにするのが伝統的なおせち料理の作り方です。そのため食塩を制限しなくてはならない方にとっておせち料理は控えなくてはならない料理でした。
そんな塩分を気にされる方にも単なる薄味ではなく味わい深さを届けたい、ハレの日におせち料理を楽しんでいただきたい、と思い食塩不使用おせち「千鶴」を開発しました。2015年より販売しており、お客様からも「食塩不使用なので味を心配したが、期待を裏切らない味だった」「素材そのものの味がする。安心して食べられた」「どれも量が丁度よく、一つずつ袋に栄養成分が書いてあって安心できた」などのお声をいただいております。

◆商品紹介:『食塩不使用のおせち 千鶴(ちづる)』 2~3人前 22品目 袋・トレー詰め
本体価格6,000円(税込6,480円)・送料無料
料理研究家 古川年巳(ふるかわとしみ)氏監修。西台クリニック院長 済陽高穂(わたようたかほ)氏推薦。
おせち料理は塩分が高いという常識を変え、健康を気遣う方にお楽しみいただける、食塩不使用のお煮しめや祝肴をご用意しました。食塩相当量は合計0.69gで、素材由来のナトリウム分のみです。
ポイントはだしへのこだわりです。脂分の少ない本枯節や利尻昆布など旨み成分で工夫を凝らし、味わい深いおいしさを実現。薄味でもコクのある、減塩おせちが実現しました。厳選した素材とこだわりのだしを使った、食塩を使用しないおせち料理をご堪能ください。
[画像5: https://prtimes.jp/i/34294/30/resize/d34294-30-160432-7.jpg ]


石井食品株式会社とは
1946年千葉県船橋市にて佃煮製造を開始し、真空包装品・煮豆小袋を発売。その後1970年には業界初の調理済みハンバーグ「チキンハンバーグ」を発売。
1974年には『イシイのおべんとクン ミートボール』でおなじみの「ミートボール」を発売。
その他、幅広い加工食品を展開しています。素材本来の美味しさを最大限に引き出すため、「無添加調理」に取り組んでおり、味や色そして食感など素材のもつ本来の力を生かす調理と技術・本物の美味しさの追究を行っています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/34294/30/resize/d34294-30-873797-6.jpg ]


会社概要
◆名称:石井食品株式会社 ◆所在地:〒273-8601千葉県船橋市本町2-7-17 
◆代表者:代表取締役社長  石井 智康 
◆設立:1945年(昭和20年)5月
◆資本金:9億1,960万円 (東京証券取引所第二部上場)
◆HP: https://www.ishiifood.co.jp/
◆石井食品通販サイト「ダイレクトイシイ」 https://shop.directishii.net/

【本件に関するお問い合わせ先】
石井食品 広報 松井・阿部
TEL:047-435-0141
Eメール:press-is@ishiifood.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング