ワイヤレスDJシステム「XDJ-AERO-W」 (パールホワイトモデル)を新発売

PR TIMES / 2013年1月22日 18時3分

~Wi-Fi接続でDJプレイを楽しめるワイヤレスDJシステムに新カラー登場~

 パイオニアは、「XDJ-AERO」(2012年8月発売)のカラーバリエーションとして、パールホワイトモデルの「XDJ-AERO-W」を発売します。
 「XDJ-AERO」は、Wi-Fi接続されたスマートフォンやタブレット、無線LAN対応のPC※1内の楽曲を使ったDJプレイを業界で初めて実現※2し、家でのDJプレイやパーティーなどで仲間と一緒に楽しむことができるホームDJ向けモデルとして好評を頂いています。
 本機は、本体カラーにつややかな光沢とクールな印象を持つパールホワイトを採用しています。新しいカラーが加わったことで、使う方の感性やインテリアに合ったデザインを選ぶことが可能になりました。



【主な特長】 
1) 本体カラーにパールホワイトを採用した、インテリアやさまざまなシーンに映えるデザイン
本体カラーにつややかな光沢とクールな印象を持つパールホワイトを採用しました。また、操作ボタンに青と赤のLEDを配し、ミキサー部には高級感のあるヘアライン仕上げを採用することで、インテリアやさまざまなシーンに映えるデザインに仕上げています。

2) Wi-Fi接続されたスマートフォンやタブレット内の楽曲を使ってDJプレイが可能
Wi-Fi接続されたiPhone/iPod touch/iPad内の楽曲をApp StoreからダウンロードしたDJ用楽曲管理ソフトウェア「rekordboxTM」 iPhone版※3(無料)を使って本機へ送信し、手軽にDJプレイを楽しむことができます(最大4台まで接続可能)。また、付属の楽曲管理ソフトウェア「rekordboxTM」を使い、Mac内の楽曲を本機へ送信しDJプレイを行うことができます。Android OS端末版専用アプリケーションとWindows PC※1対応版「rekordboxTM」もあります。

3) プレーヤーとミキサーの一体構造を採用し、単独の2chミキサーとしても使用可能
2台のプレーヤー部とミキサー部を一体とした構造なので、本機のみでDJを行えます。また、ミキサー部には、CDJプレーヤーやレコードプレーヤーなど外部機器を接続する端子を搭載しており、単独の2chミキサーとしても使用できます。

4) 簡単な操作で楽曲のアレンジやミックスを楽しめる各種エフェクト機能を搭載
ジョグ操作やエフェクト効果を組み合わせることで、楽曲や内蔵音源を使った幅広いアレンジやミックスを簡単に行うことができます。
1.「JOG DRUM」
ジョグをタッチすることで楽曲を再生、回すことでスクラッチすることができます。
2.「SAMPLE LAUNCH」
内蔵された4種類(SCRATCH、HORN、SIREN、LASER)の音を使って、DJプレイをすることができます。また、内蔵された音とは別に、DJプレイ用楽曲管理ソフト「rekordboxTM」で編集した音をUSBストレージデバイスから読み込むことで、4種類の好みの音を追加保存できます。
3.「BEAT EFFECT」※4
DJMシリーズで好評な「BEAT EFFECT」を各プレーヤー部に搭載しています。各プレーヤー部で再生されている楽曲ごとに4種類のエフェクト(TRANS、FLANGER、ECHO、ROLL)を選択し、拍数と効果のレベルを変化させることができるため、多彩なDJプレイを楽しめます。
4.「SOUND COLOR FILTER」
DJMシリーズで好評な「SOUND COLOR FILTER」をミキサー部のチャンネルごとに搭載しており、音域への効果を加えることで、ダイナミックな楽曲のアレンジやミックスが可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング