バーガーキング(R) が兵庫県内に新店舗をオープン! 6月は「イオンモール神戸南店」を新規出店

PR TIMES / 2020年5月28日 16時25分

 株式会社ビーケージャパンホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ダニエル・リー、以下:BKJH)は、2020年6月1日(月)に兵庫県神戸市に「イオンモール神戸南店」をオープンいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/38980/31/resize/d38980-31-986639-5.png ]

 BKJHでは、新規出店および国内の既存店舗のリモデルを積極的に行っています。新店舗とリモデル店舗では、世界中のバーガーキング(R) (以下:BK)で展開されているニューヨーク発のグローバル店舗デザインコンセプトである “20/20 Prime” を導入しており、店舗にて多くのお客様に新しいBKを体感いただきたいと考えております。

 「イオンモール神戸南店」は、「阪急三宮駅前店」に続く兵庫県内で2店舗目の出店で、神戸市営地下鉄海岸線・中央市場前駅直結の商業施設内にオープンいたします。BKJHは、アクセスが良く、ご来店していただきやすいエリアに出店することで、お客様に日常的に直火焼きの100%ビーフパティをはじめとしたBKの美味しさをお楽しみいただきたいと考えております。

 BKでは、今後も直火焼きの100%ビーフパティと新鮮な野菜を特長とする「WHOPPER(R) (ワッパー(R) )」を中心に、味と品質にこだわったメニューを提供してまいります。



店舗概要


■バーガーキング(R) イオンモール神戸南店
オープン日時:2020年6月1日(月)10:00
店舗住所  :兵庫県神戸市兵庫区中之島 2-1-1
営業時間  :10:00‐20:00
店舗面積  :162.53平方メートル (49.17坪)
席数    :61席
店休日   :不定休



20/20 Primeについて


 “20/20 Prime” は、Handcrafted feeling (手作り感)、Layered & Textured approach(立体感のあるデザイン)、Cheerful graphics (明るいグラフィックアート)、Bold color palette & American prints(大胆な色使いとアメリカンな表現)の4つのコンセプトをキーワードに世界中のBKで展開しております。



バーガーキング(R) の新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う店舗の営業について


 新型コロナウイルス感染症対策のため、政府および各自治体の方針に伴い、一部店舗において営業時間の変更または休業、一時的に営業形態を変更させていただく場合がございます。
 そのため、ホームページ内の店舗情報や営業時間のご案内が実際の営業時間と異なる場合がございます。各店舗の具体的な対応につきましては、店頭にてお知らせいたします。
 BKでは、お客様と従業員の安全を最優先に考え、感染拡大を抑止するために必要な取り組みを継続して参ります。お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。



バーガーキング(R) ブランドについて


 1954年に設立されたBKブランドは、世界で2番目に大きなファーストフードハンバーガーチェーンです。設立当初のHOME OF THE WHOPPER(R) 、BURGER KING(R) システムは、世界100カ国を超える国々と米国において、17,800店舗以上で事業展開しています。このBKブランドは、レストランブランドインターナショナル(TSX,NYSE:QSR)が保有しています。(レストランブランドインターナショナルは総売上が320億ドル超、総店舗数26,000超を展開する世界最大規模のファーストフードレストラン企業です。)
 日本では、BKJHが国内マーケティング、店舗運営の全権を担い、新規FCの育成やメニュー開発、販売戦略などの機能を保持し、更には店舗開発・新規出店への包括的責任を負っています。



会社概要


会 社 名  :株式会社ビーケージャパンホールディングス
代 表 者  :代表取締役社長 ダニエル・リー
本社所在地 :東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町 3F
URL    : https://www.burgerking.co.jp
Twitter : https://twitter.com/BURGERKINGJAPAN
Facebook : https://www.facebook.com/BURGERKINGJP
Instagram : https://instagram.com/burgerkingjp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング