インダストリアル・インターネットを加速させる GEの産業用オートメーション・ソフトウェアProficy HMI/SCADAがアップグレード

PR TIMES / 2014年9月10日 12時55分

*本資料は世界で配信されたGEリリースを抄訳としてご紹介するもので、当内容は8月7日に配信されました。

・主力製品のアップグレードにより新たな機能を提供し、インダストリアル・インターネットが現実のものに
・Proficy HMI/SCADA - iFIX 5.8日本語版は、柔軟な適用性を備え、リアルタイム・オペレーショナル・インテリジェンス (RtOI)*を実現
・Proficy HMI/SCADA - iFIX 5.8日本語版とProficy Mobileの統合により、プロセスの効率とクオリティを向上しつつ、コンプライアンス遵守の強化、時間と無駄の削減を実現
・Proficy HMI/SCADA - CIMPLICITY 9.0は、コンフィギュレーション機能を向上し、価値実現までの時間を短縮




【2014年8月7日 米国バージニア州シャーロッツビル 】GE インテリジェント・プラットフォームス (NYSE: GE) は本日、自社の主力オートメーション・ソフトウェア製品Proficy HMI/SCADA - iFIX および Proficy HMI/SCADA - CIMPLICITYのアップグレードならびにインダストリアル・インターネットに対応した新たな機能を発表しました。画期的なProficy Mobileソフトウェア・ソリューションとの統合により、適切な情報をより高速なレスポンスとともに実現します。


Proficy HMI/SCADA - iFIX 5.8日本語版
業界標準ともいえる実績と継続的な強化の上に構築された最新版のProficy HMI/SCADA - iFIXにより、企業はより高度な分析が可能となり、組織全体で信頼性、柔軟性、そしてスケーラビリティのさらなる活用が可能になります。この定評あるリアルタイム・インフォメーション・マネジメントおよびSCADAソリューションには、最新世代のビジュアリゼーション・ツールおよび信頼できる制御エンジンが含まれます。

iFIXは現在、その最新版において、より効率的なレンダリングおよびCPUの占有領域の少ないダイナミック型のグラフィック・レゾリューションに対応しています。この機能により、ワイドスクリーン・モニタや液晶ディスプレイ上でのグラフィックスの解像度の変更が可能となります。


製品の特長 - リアルタイム・オペレーショナル・インテリジェンス(RtOI)を実現
1.Proficy HMI/SCADA - iFIX 5.8日本語版とProficy Mobileソリューションとの統合により、GEが提唱するインダストリアル・インターネットを体験するソリューション、リアルタイム・オペレーショナル・インテリジェンス (RtOI)を実現します。 Proficy Mobileは、新たな開発を必要とせず既存のシステム上に構築することが可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング