日本人の転職活動はパソコン経由からモバイル端末経由にシフト

PR TIMES / 2014年11月20日 13時59分

人材会社ヘイズ・ジャパンがインターネット調査結果を発表

【2014年11月20日】 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、アジア5ヵ国を対象に実施したインターネット調査の結果を発表し、日本人が求人情報を検索するにあたってモバイル端末を利用する割合が増加している事を明らかにしました。



日本における調査結果:

■調査対象の58%が「求人情報検索は主にパソコンで行うが時々モバイルを利用することもある」と回答
■同38%が「求人情報検索は主にモバイルで行うが時々パソコンを利用することもある」と回答
■「求人情報検索にはモバイルのみを利用」と答えた回答者は全体の4%のみ

今回の調査はグローバルで人材サービスを展開しているヘイズがアジア太平洋地域の5ヵ国を対象に行ったもの。日本では476名の求職者に対して調査を実施しました。

求人情報の検索に「主にモバイルで行うが時々パソコンを利用する」と答えた回答者の割合は、香港(56%)、マレーシア(42%)、シンガポール(40%)、日本(38%)、中国(27%)という順番でした。

ヘイズのアジア担当マネージング・ディレクター、クリスティーン・ライトは、次のように述べています。

「求人企業への応募書類の提出には依然としてパソコンが使用されることが多くなっています。モバイル端末よりも画面やキーボードが大きく、オンラインでの応募がしやすいためです。しかし、求人情報の検索にはスマートフォンを利用する人が次第に増えています。いつでもどこでも情報を検索できるからです。」

「スマートフォンで興味のある求人情報を見つけ、後からパソコンを使って応募するケースが良く見られます。スマートフォンに自分の履歴書のコピーを保存している人が少なく、多くの人がその場で応募したくてもできない状況にあることが大きな理由です。また、各企業の求人サイトや求人情報サイトがモバイル端末向けに最適化されていないため、携帯端末から応募できないケースも多く見られます。」

求職活動におけるモバイルの利用が増加する中、ヘイズは「企業が優秀な人材を巡る企業間の競争を勝ち抜くためには、モバイルで求人情報検索をしている求職者がモバイル上で応募できるような環境を整える事が重要」と指摘しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング