JCV、松竹株式会社が運営する歌舞伎座にAI温度検知システム導入

PR TIMES / 2020年9月7日 13時15分

~お客さまに負担なく発熱スクリーニングにご協力頂く環境づくりをサポート~

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)は
AI温度検知システム「SenseThunder(センスサンダー)」を、歌舞伎座(所在地:東京都中央区)に納入しました。
新型コロナウィルス感染拡大防止および感染予防対策の一環として、本システムを利用します。



「SenseThunder」は、AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線サーモグラフィーにより、マスクを着用したままでも、僅か0.5秒でスピーディーに発熱の疑い(一定以上の高い温度)を検知します。密集の緩和につながり、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の取り組みとして、国内のさまざまな施設や病院、企業での利用が広がっております。

松竹株式会社が運営する歌舞伎座では、歌舞伎座にご来場されるお客さまの混雑を避け、スムーズにご自身の温度*チェックし入場ができるように、手指用アルコール消毒液と合わせて、劇場入口付近に設置しております。ご来場時にお客さまは機器に顔を向けるだけで、瞬時にストレスなく、自身の温度*を確認頂けます。他の感染予防対策と合わせて本システムを活用することで、お客さまが負担なく発熱スクリーニングにご協力頂け、安心してお過ごし頂ける環境づくりを強化することにつながります。

「SenseThunder」の導入を通して、歌舞伎をはじめとする文化芸術の観劇と、得られるお客さまの感激のために、予防対策を強化する事が可能となります。JCVは、日本社会を安全で元気な姿に戻す為の支援として、
「SenseThunder」の納入を通し、さまざまな場所での安心安全な環境の整備に貢献して参ります。

※医療品医療機器法(薬機法)の定める体温計ではないため、医療診察では利用できません。
[画像: https://prtimes.jp/i/54735/40/resize/d54735-40-483538-0.jpg ]


AI温度検知ソリューション「SenseThunder」 導入システム:SenseThunder-Mini
https://www.japancv.co.jp/solutions/thermography/
・対象と1.2メートル離れた距離でも、所要時間0.5秒で温度検知を行い、±0.4度の精度で可能。
・マスクを着用したままでも高精度かつ高速な温度検知が可能。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング