プログラムによってリアルタイムに描き続ける新作「時に咲く花」をJPタワー商業施設「KITTE」(東京)開業1周年記念として、3/21(金)より常設展示。期間限定でチームラボによるデジタルアート作品展も

PR TIMES / 2014年3月11日 16時28分

日本郵便株式会社が運営するJPタワー商業施設「KITTE」(東京)は、2014年3月21日(金)から4月6日(日)まで、開業1周年を記念したイベント「THANKS KITTE」を開催。チームラボは、1周年を記念して新作のデジタルアート作品「時に咲く花」を常設展示し、週末の3日間限定で『~伝統と革新~デジタルアート作品展by teamLab』を実施します。




日本郵便株式会社が運営するJPタワー商業施設「KITTE(キッテ)」(東京)は、2014年3月21日(金)から4月6日(日)まで、開業1周年を記念したイベント「THANKS KITTE」を開催。

チームラボは、1周年を記念して新作のデジタルアート作品「時に咲く花」を常設展示し、週末の3日間限定で『~伝統と革新~デジタルアート作品展by teamLab』を実施します。

作品展の期間は2014年3月21日(金・祝)~3月23日(日)まで。

THANKS KITTE:http://jptower-kitte.jp/thanks-kitte/

■常設展示作品

【新作】時に咲く花/ Time-blossoming Flowers
チームラボ, 2014, デジタルワーク

作品:http://www.team-lab.net/all/artlist/time_blossoming_flowers.html

歴史と空間を継承したこの場で、過去、現在、未来へと、人々とつながり続ける想いを込めて、人々の時とともに咲き続ける花の作品です。

平面的だとされる伝統的な日本の美術には、西洋の遠近法とは違った、空間の論理構造があると、チームラボは、考えています。本作品はその考え(私たちは、それを「超主観空間」と呼んでいます)の基、仮想の3次元空間上で立体的に構築した世界を、チームラボが考える日本の伝統的な空間認識の論理構造によって、日本美術的な平面にしています。

そして、本作品は、プログラムによってリアルタイムに描き続けています。

花は、1時間をかけ、咲き渡る量が、だんだんと増えていき、1時間たつ度(それぞれの時間の0分の時)に、咲き渡った花は、一斉に散り花吹雪となります。

作品の世界は、日々のこの場所の日の出と日の入りと連動し、日の出とともに明るくなり、日の入りが近づくと夕焼けになり、そして、夜が深くなるにつれ、暗くなっていきます。

そして、この場所の移り変わる季節に合わせて、咲いていく花々も、日本のその季節の花々へと刻々と変わっていきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング