40代の疲れ目は危険信号!3人に1人が疲れ目で体の他の場所にも悪影響 疲れ目が日常生活に支障、仕事の評価ダウンにつながることも 専門家が語る、40代の目を救う注目ワードは“コンドロイチン”

PR TIMES / 2013年5月30日 13時44分



 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、40代の「体や目」の状態を知るため、40~49歳の男女500名に対して、「体と目の衰え」に関する調査をおこないました。今回の調査により、40代の人たちの多くが、40代になってから体の中でも最も目に衰えを感じていること、目の疲れから体調を崩したことがあるという人もいることが明らかになりました。
 また、本調査の結果をもとに、目の専門家である、慶応大学非常勤講師の海道美奈子氏に、40代から目がどのように変化し、対策をとらないとどのような危険性があるのか、そして40代からのアイケアでどのようなところに注意をすればいいのかをお伺いしました。


■ 40代からは目に注意!目の疲労で体調を崩したり、他の箇所への影響も               
 40代からは体が痛くなったり、衰えを感じたりしてくる人が多いと言われています。そこで、今回の調査では40代の男女500名に自身の体や目の状態について調べました。

[調査概要] 調査対象:40代の男女 500名(男女・1歳ごとに年齢均等割付)
調査期間:2013年3月22日(金)~2013年3月27日(水) 調査方法:インターネット調査(楽天リサーチ調べ)


◆40代で衰えるのは、なんと、腰や膝よりも圧倒的に「目」!
 まず、「あなたは30代の頃よりも体が衰えたと感じますか?」と聞いたところ、87.8%の人が「感じている」と答えました。そこで具体的に、「40代になってから体の衰えを感じるようになった箇所はどこですか?」と聞いたところ、最も多かった回答が「目」で58.6%、続いて「腰」(31.4%)、「肩」(23.8%)、「膝」(23.4%)という結果になりました。四十肩や四十腰といった体の異常の名称に年代のついた箇所よりも「目」の方が衰えを感じることが分かりました。
 では、このように体に衰えを感じている一方でケアについてはどうなのか聞いてみました。「ケアが十分にできていないと感じている箇所はどこですか?」と聞いたところ、衰えを最も感じていると答えた「目」が最も多く30.4%、続いて「腰」(22.6%)、「肩」(19.4%)、「首」(18.2%)となりました。「目」に関しては、「衰え」を感じているものの、対策がきちんとできていないという40代の体のケアに関する問題が明らかになりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング