FXトレード・フィナンシャル 12月キャンペーンのご案内

PR TIMES / 2012年12月6日 11時17分



株式会社FXトレード・フィナンシャル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鶴 泰治)では、平成24年12月3日(月)より下記キャンペーンを実施しております。

【キャンペーン概要】
【その1】HIGH・LOW キャッシュバックキャンペーン1.
キャンペーン期間中に、ネット入金額(入金額-出金額)が10万円以上で、5万円以上お取引をされたお客様にネット入金の100%を上限に対象月のオプション購入金額の2%をキャッシュバックさせていただきます。
【その2】HIGH・LOW キャッシュバックキャンペーン2.
キャンペーン期間中に、新規口座開設をお申込み頂き、キャンペーン取引期間内に「HIGH・LOW」をお取引された方全員にお取引額に応じて最大5,000円をキャッシュバックさせて頂きます。初回お取引時が5,000円以下の場合、お取引金額と同額をキャッシュバックさせて頂きます。
【その3】オートFX キャッシュバックWキャンペーン
キャンペーン期間中に、新規口座開設+10万円以上のご入金+「オートFX」で10ロット以上お取引された方に全員に10,000円キャッシュバック!さらに30ロット以上のお取引された方に3,000円キャッシュバックさせていただきます。

※キャンペーンに関する詳しい情報は当社ホームページでご確認ください。
http://www.fxtrade.co.jp/lp/index_fxtf.html

当社では、より一層のお客様サービスの充実を図り、外国為替(FX)市場の更なる健全な発展に向けて全力で取り組んでまいる所存です。

今後とも何卒倍旧のご支援ご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

■□■会社概要
株式会社FXトレード・フィナンシャル
(FXTrade Financial Co., Ltd.)
〒108-0014 東京都港区芝5-31-16 YCCビル7F
株主資本:11億7百万円 (2012年9月末現在
代表電話番号:03-3769-1055
FAX:03-3769-1080
http://www.fxtrade.co.jp/corporate/corp_info.html

■□■本リリースにおけるお問い合わせ
株式会社FXトレード・フィナンシャル
support@fxtrade.co.jp
フリーダイヤル 0120-445-435

【金融商品取引業者登録番号】 関東財務局長(金商)第258号
【加入団体】一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号

【リスク警告】

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。

外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。

各国の金利水準は、時として大きく変動することがあります。外国為替証拠金取引において取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。

相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した外国為替証拠金取引ができなかったりする可能性があります。

通貨オプション取引『HIGH・LOW』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引であり、元本あるいは利益を保証した金融商品ではありません。

通貨オプション取引『HIGH・LOW』には、為替・金利等の変動リスク、信用リスク、流動性リスク、電子取引によるリスク等の取引リスクにより、損失が生じるおそれがあります。

通貨オプション取引『HIGH・LOW』は、お客様は短期間で利益を得ることもありますが投資資金の全額を失う場合もあります。

取引システム又は金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、外国為替証拠金取引では、注文の発注、執行、確認、取消しなどが、通貨オプション取引『HIGH・LOW』では、注文の発注、執行、確認、取消し、権利放棄などが行えない可能性があります。

お取引にあたっては、契約締結前交付書面をご熟読・ご理解いただいた上で、ご自身の資力、知識、取引経験及び取引目的等に照らして適切と判断される場合にのみ、ご自身の責任においてお取引されますようお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング