戸建住宅向けシステムバスルーム「フェリテ・フェリテプラス」シリーズモデルチェンジ、4月1日新発売

PR TIMES / 2018年3月20日 13時1分

楽してきれいな「軟水バス」! クリン軟水を標準搭載

株式会社ハウステック(本社:群馬県高崎市 取締役社長 山口晃)は、戸建住宅向けシステムバスルーム「フェリテ」シリーズ、「フェリテプラス」シリーズをモデルチェンジ、4月1日に発売開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-649498-0.jpg ]

新「フェリテ・フェリテプラス」シリーズは「うちのお風呂はラクラクダ」をコンセプトに開発した商品です。お風呂は心も体も癒してくれる場所ですが、毎日お使いになるため汚れがつきやすく、お掃除が欠かせない場所でもあります。

「フェリテ・フェリテプラス」シリーズではお掃除を「ラク」にするための新機能「クリン軟水」、「フェイスクリン浴槽」、「クリンかるわざカウンター」、「除菌楽すてヘアキャッチャー」を搭載しました。

ハウステックは新「フェリテ・フェリテプラスシリーズ」で、水の始まりから出口まで、水の通り道をキレイにする工夫を取り入れたシステムバスルームをご提案いたします。


フェリテ・フェリテプラスのサイトはこちら
URL: http://www.housetec.co.jp/products/bathroom/felite-plus_felite/special/


■新シリーズの主な特徴
1.使うほどにきれいを感じる、お風呂も私も。 「クリン軟水」
「クリン軟水」は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなど硬度成分を取り除き、お風呂のシャワーを硬度ゼロに近い超軟水に変える働きをしてくれます。
「クリン軟水」はカビ・ぬめりの栄養源となる石けんカスの発生を抑え、お風呂を清潔に保ちます。さらに、高い保湿効果により、お肌しっとり、髪の毛サラサラに。日々のお掃除も、肌や髪のお手入れも、ラクしてキレイ!の新習慣。始めてみませんか。

[画像2: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-204983-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-607357-2.jpg ]



2.汚れをこびりつかせない「フェイスクリン浴槽」
ハウステックが長年重ねてきた独自の樹脂技術で開発した「フェイスクリン浴槽」は、FRP浴槽の素材から見直しました。従来のFRP浴槽と比べて汚れがつきにくく、汚れ落ちのよさが長く続く新素材の浴槽です(フェリテシリーズのみ)。

[画像4: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-537837-3.jpg ]


3. 取り外し簡単・お掃除簡単「クリンかるわざカウンター」
新「フェリテ・フェリテプラス」シリーズの洗い場カウンターは、とっても軽く、取り外しができてお掃除簡単な「クリンかるわざカウンター」です。
簡単に取り外しができるため、カウンターの表も裏も気になる壁面も、すべてを簡単にお掃除できます。しかも、その重さは約1kg。女性でも片手で簡単に持つことができます。さらに、取り外したカウンターは浴槽の上に置いてテーブル代わりにも使うことができ、1台2役の技ありのカウンターです。

[画像5: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-494540-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-133349-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-254531-6.jpg ]


4. 銅イオンで除菌「除菌楽すてヘアキャッチャー」
排水口には国際銅協会(ICA)による銅の優れた抗菌性を利用した製品に付される「CU+マーク」を取得した「除菌楽すてヘアキャッチャー」を採用しました。その除菌力は99.99%(※大腸菌に関して)。銅イオンの優れた除菌力で排水口の嫌なぬめりとにおいを抑え、洗い場の排水の力を使って、お掃除を簡単にしてくれます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/4517/47/resize/d4517-47-860623-7.jpg ]


■主な仕様と価格
スタイルM 1坪(1616)サイズ)
[表: https://prtimes.jp/data/corp/4517/table/47_1.jpg ]


表示価格には組立費、消費税は含まれておりません。                                                                                                                             

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング