発酵オタネニンジンによる 血糖上昇抑制に関する新知見

PR TIMES / 2014年6月9日 11時27分

日本栄養・食糧学会(第68回大会)において発表

長瀬産業株式会社(本社 東京都中央区、代表取締役社長 長瀬 洋)は、この度、2014年5月30日(金) から6月1日(日)まで札幌市で開催された第68回日本栄養・食糧学会大会において以下のタイトルで学術発表を行いましたのでご報告いたします。

「発酵オタネ人参およびM1のGLP-1分泌促進作用」
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

【研究背景】

オタネニンジン(Panax ginseng C.A. Meyer)は高麗人参とも呼ばれ、古くより中国・韓国・日本を中心に漢方薬として利用されるとともに、滋養強壮を目的に食されてきました。オタネニンジンのもつ生理効果として抗がん、脳神経系改善、抗メタボ、免疫賦活など多様な作用が報告されており、これらの作用の多くは「人参サポニン」と呼ばれる成分が関与していることが知られています。代表的な人参サポニンRb1を摂取すると、体内にいる腸内細菌によって代謝・変換を受け、M1 (compound K とも言います)という成分に変化して生理効果を発揮します。しかし、この代謝能には個人差があり、M1が体内で生成されない人もいます。そこで我々は、人参サポニンをM1へ代謝する特殊な乳酸菌「A221 株」を利用してオタネニンジンを発酵させ、人参サポニンをあらかじめM1に変換させた機能性食品素材「発酵オタネニンジン」を開発しました。M1 を含有する発酵オタネニンジンは、発酵前のオタネニンジンに比べより強い作用を示し、ヒトでの試験においてストレス下の睡眠障害を有意に改善することを我々は報告してきました(SLEEP.2009, 32(3):413-421)。

オタネニンジンにはまた血糖値上昇抑制作用など抗糖尿病効果についても多くの報告があり、人参サポニンがその活性成分として研究されていますが、その詳細な作用メカニズムは解明されていません。 近年、消化管ホルモンとして知られる「インクレチン」が、膵臓のβ細胞からのインスリンの分泌を促進し、血糖値を一定に保つ効果をもつため、糖尿病や高血糖の予防・改善を考える上で重要な働きを担うことが明らかとなっています。インクレチンのひとつに小腸下部のL細胞から分泌されるGLP-1(glucagon-like peptide-1)があり、我々は今回GLP-1に着目して検討した結果、発酵オタネニンジンおよび、その活性成分と考えられるM1がGLP-1の分泌を促進することを見出しましたので、本学会にて発表致しました。

【学会発表内容】

発酵オタネニンジンおよびM1を摂取したマウスでは、糖負荷後に起きる血糖値の急激な上昇が抑えられていました。

前述の血糖値上昇抑制効果がインクレチンの分泌と関与するかを調べるため、腸管 L 細胞様株(NCI-H716 細胞)を用い、被験物質を添加して培養した時のGLP-1分泌量の変化を調べました。その結果、発酵前のオタネニンジンもGLP-1の分泌量を増加させましたが、発酵オタネニンジンの方がより強くGLP-1分泌を促進しました。また成分どうしで比較しても、人参サポニンRb1よりもM1の方が高いGLP-1 分泌促進作用を示しました。

【まとめ】

乳酸菌A221株で発酵した発酵オタネニンジンは、オタネニンジン(発酵前)と比較してより有効なGLP-1分泌促進素材として期待でき、血糖値の調節や糖尿病の予防・改善効果へつながると考えられます。
また発酵オタネニンジンによる効果には、含有成分のM1が寄与していると示唆されました。M1によるGLP-1分泌促進の詳細な作用メカニズムの解明に向け、現在さらに検討を進めています。

< この件に関するお問い合わせ先 >
長瀬産業株式会社 ビューティケァ製品事業部 広報担当 若山
TEL:03-3665-3622 FAX:03-3665-3629 E‐mail:pr@nagase.co.jp
HPアドレス http://nbc.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング