~お家でも外出先でも、いつも快適に~  ドコモ初の 'キャリアアグリゲーション(*1)' 対応『Wi-Fi STATION HW-02G』、NTTドコモより2015年2月から発売予定

PR TIMES / 2014年9月30日 12時25分



 

 世界有数のICTソリューション・プロバイダーである華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)向けに、キャリアアグリゲーション*1により、225Mbps*2の高速通信を実現したモバイルWiFiルーター『Wi-Fi STATION HW-02G』を開発しました。『Wi-Fi STATION HW-02G』は2015年2月より発売予定です。

『Wi-Fi STATION HW-02G』は、‘キャリアアグリゲーション*1’により、下り最大225Mbps*2の高速通信を実現しました。BWAやADSL回線のスループットを越えたスピードに加え、郊外でも安定した通信が利用できるクアッドバンドLTE*3、屋内でも快適な通信が可能な800MHzプラチナバンド、屋内外でも高速スピードを実現するWi-Fi規格IEEE802.11ac、電波干渉の少ない5GHzに対応しており、外出先でのインターネット通信はもちろん、近年、モバイルWi-Fiルーターの使用用途として、増加している、固定回線の代替としても活躍します。さらに、同梱のクレードルは、ギガネット対応のイーサネットポート(WAN/LAN)と、本体がセットされるとインターネット(WLAN)が広範囲で利用できる高出力Wi-Fi送信に自動で切替わる機能が搭載されており、家庭のメイン回線としても快適にお使い頂けます。

 また、Bluetoothによる、スマートフォンによる本体の遠隔解除(スリープモード遠隔解除機能*4 )や、2.4インチ(QVGA)の静電式カラータッチパネル搭載により、より簡単で便利に使用することが出来ようになったほか、キャリアアグリゲーションでも7時間の連続通信が可能な2400mAhバッテリーにより、外出先での長時間の使用も安心です。

「ファーウェイの革新への取り組みは、デバイスだけでなく、通信の進化も牽引します。20年以上に渡り、ネットワーク事業を手がけてきたことを強みに、複数の周波数帯を束ねる ‘キャリアアグリゲーション*1’により、下り最大225Mbps*2 を実現する『Wi-Fi STATION HW-02G』をいち早く開発し、家庭の主回線としても快適に使用できる次世代のモバイルWi-Fiルーターを提供します」とデバイス プレジデント ゴ・ハは述べています。


============================
『Wi-Fi STATION HW-02G』の主な特長
============================
■LTE-Advanced対応で最速225Mbps*2の高速通信を実現
・キャリアアグリゲーション(CA)*1対応で最速225Mbps*2の高速通信を実現。高画質な動画もブラウジングもこれまでよりも快適に楽しめます。BWAやADSL回線のスループットを越えたスピードを実現し、固定回線の代替としても活用出来ます。
・クアッドバンドLTE*3対応で都心から郊外まで広いエリアで安定した通信がご利用頂けます。また、屋内でも快適に通信することが可能な800MHzプラチナバンドにも対応しています。
・Wi-Fi規格IEEE802.11acに対応しておりご自宅でも外出先でも高速スピードを実現します。また、電波干渉の少ない5GHzに対応しているため、高速通信を安定してご利用頂けます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング