鴨川シーワールド 2014年3月1日(土)リニューアルOPEN!国内の水族館・動物園で初!参加型巨大デジタル水槽登場

PR TIMES / 2014年1月15日 17時6分

日本で唯一!シャチが見えるレストラン『オーシャン』もリニューアル



 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)が運営する、
鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:荒井一利)は、トロピカルアイランド内『イベントプラザ』と、
日本で唯一シャチを見ながらお食事ができるレストラン『オーシャン』を全面改装し2014年3月1日(土)に
リニューアルオープンいたします。

 『イベントプラザ』は2000年にトロピカルアイランドがオープンして以来、生きたサンゴと生活を
共にする生物たちを展示し、サンゴ礁保全の重要性を伝えてきました。リニューアル後の
展示施設『コーラルライフ』は、6本の円柱水槽を用いて色とりどりのサンゴ礁やクマノミ類などの
生物展示を通してサンゴ礁の多様性を紹介し、その保全の重要性を訴えるとともに、
最先端の3D・CG映像を用いた参加型イベントコーナーの常設によって、サンゴ礁の多様な
生態系についてより深く、楽しく学べる施設に生まれ変わります。

 お客様が専用のタブレット端末に描いた魚が、幅8メートルの大型スクリーンに映し出され、
3D・CGの海の世界で泳ぎ出し、種類によって異なる生活場所や行動の特性を再現します。
リアルな海の生態系を、デジタルの世界で忠実に再現する今回の試みは、国内の水族館や
動物園では初めての取り組みとなり、小さなお子様から大人まで興味を持って観察ができ、
より深い学習効果が期待されています。

 さらに日本で唯一、シャチの姿を見ながらお食事ができるレストラン『オーシャン』は、店内を
趣の違う3つのゾーンに分けてリニューアルし、フードコートと本格的レストランの2つのサービスを
ご提供いたします。中でもフルサービスのダイニングゾーン『the CAVE(ケイブ)』は、洞窟を
イメージした落ち着いた空間の中でお食事をお楽しみいただけます。その他、水中をイメージし
シャチを見ながらお食事ができるスペシャルゾーン『UNDERWATER(アンダーウォーター)』や、
砂浜をイメージしたリラックスゾーン『BEACH(ビーチ)』とともに、お客様のニーズに合わせて
利用いただけます。

 また、一昨年当社グループホテル『札幌パークホテル』から着任した総料理長 吉田 郁雄による
房総ならではの食材を中心としたオリジナルメニューを取りそろえ、国内の水族館に類を見ない
「味」と「雰囲気」を兼ね備えた新しい「オーシャンスタイル」をお楽しみいただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング