李京勲 、『R11S ドライバー』で日本ツアー初勝利!!『R11S ドライバー』『TaylorMade RocketBallz フェアウェイウッド』が9戦連続モデル別使用率No.1を記録!

PR TIMES / 2012年7月11日 9時27分



テーラーメイド契約プロ、李京勲 (イ・キョンフン)、
『R11S ドライバー』で日本ツアー初勝利!!
『R11S ドライバー』が国内男子ツアーで2勝目を記録!
『R11S ドライバー』『TaylorMade RocketBallz フェアウェイウッド』が9戦連続モデル別使用率No.1を記録!

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)では、同社が展開する 「テーラーメイド」の契約プロ、李京勲(イ・キョンフン)が7月5日~7月8日に開催された「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント」(開催場所:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ/北海道)にて日本ツアー初勝利を飾りました。

初日から首位の座を守り、首位タイでスタートした最終日、日本ツアー参戦1 年目の李京勲は『R11S ドライバー』を駆使し、平均300ヤードのドライバーショットを武器に終盤までもつれこむ大接戦を展開。残り2ホールで連続バーディを奪取し、8バーディ、1ボギーの65 を記録、2位と1打差の通算19アンダーの大会新記録で、日本ツアー初優勝を完全勝利で飾りました。また最終組で優勝争いを演じた金亨成(キム・ヒョンソン)は17アンダーで2位となり、『R11S ドライバー』がワン・ツーフィニッシュを達成しました。

同大会では、国内男子ツアー開幕から9 戦連続となるモデル別使用率NO.1*1 を『R11S ドライバー』、『TaylorMade ROCKETBALLZ フェアウェイウッド(以下RBZフェアウェイウッド)』共に記録。『R11S ドライバー』は大会出場者144 名中28 名が使用し19.4%という高い使用率を記録したほか、フェアウェイウッドにおいては、大会出場者144名中37名(246本中50本)が『RBZ フェアウェイウッド』を使用し、25.7%という使用率を記録しています。さらに、今回の勝利に伴い『R11S ドライバー』は国内男子ツアー2勝目、テーラーメイドのドライバーとしては3勝目を記録。多くのプロから「テーラーメイド」の”白い”クラブに信頼が集まっています。

「テーラーメイド」では今後も、高い飛距離性能を誇る『R11S ドライバー』、『RBZ フェアウェイウッド』をはじめとした高性能なギアを通じて、多くのゴルファーのパフォーマンスに貢献していきます。
*1:使用率はダレル・サーベイ調べ(2012年7月9日時点)。
*2:使用スペックに関しては一部、市販モデルとは仕様が異なる場合があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング