パナソニック電工ネットソリューションズ 新しくクロスブラウザに対応したWeb経費精算システム「MajorFlow Keihi」の新バージョンを発売

PR TIMES / 2012年4月16日 14時38分



パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるパナソニック電工ネットソリューションズ株式会社(本社:東京都港区代表取締役社長:前川満 以下:パナソニック電工NETS)は4月16日より、Web経費精算システム「MajorFlow Keihi(メジャーフローケイヒ)」の新バージョンを発売いたします。

今般のバージョンではクロスブラウザに対応し、これまでのInternet Explorerに加え、新しくFirefox、Google Chrome、Safariでも利用が可能に(※1)。汎用Webワークフロー「MajorFlow Form」は既にクロスブラウザに対応しているため、製品を連携する場合でも利用できるブラウザの幅が広がりました。

また、会計システムとの連携をより密接に行うための新しいオプション製品(※2)もラインアップに加わり、今まで以上に、従来の運用に合わせて利用しやすい製品となりました。

パナソニック電工NETSは、今後もお客様の使いやすい製品を提供し、効率化やコンプライアンス強化というお客様の課題解決に貢献できるように邁進してまいります。


■「MajorFlow Keihi 」新バージョン(Ver.5.1)の概要
(1)発売日        2012年4月16日
(2)価格(税抜)     ライセンス費用:75万円~、年間保守費用:112,500円~(最少ユーザー数50人)
(3)販売目標       2012年度100社
(4)新バージョンの特長  クロスブラウザ対応(Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari)

■「勘定奉行債務管理連携オプション」の概要
(1)発売日        2012年4月16日
(2)価格(税抜)     ライセンス費用:60万円(1企業)、年間保守費用:9万円
(3)主な機能       ・ワークフロー機能「仕入先登録申請書」
              ・債務データ連携

※1 Internet Explorer 9.0、Firefox 9.0、Google Chrome 17.0、Safari 5.0で動作検証をしております。
※2 「MajorFlow Keihi」に対応する「勘定奉行連携オプション」の連携機能を強化するためのオプション製品です。


■イベント出展のお知らせ
  2012年5月9日~11日開催の「第3回クラウドコンピューティング春」に本製品を出展いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング