化粧品OEMメーカー:シーエスラボがサンケア市場の現状に迫った

PR TIMES / 2014年7月23日 10時31分

アフターサンケア市場の可能性を浮き彫りにする

オリジナル化粧品受託製造メーカーのシーエスラボが、サンケア市場の現状に迫った。
日焼け防止に励む女性の「日焼け後の対策」に対する意識はどうか。
アフターサンケア市場の可能性を浮き彫りにする内容だ。



☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,..*:,..,:★

いま求められるアフターサンケア製品

★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:,..*:,..,:☆


1. アフターサンケアをしている人はたった2割!?

現代女性は、年間を通して紫外線対策に取り組んでいる。
紫外線線量が増える5月から夏にかけてはもちろんのこと、冬場も、室内においてもUV化粧品を使って、
日焼け防止に励んでいる。

日本の化粧品ブランドD社の調べによれば、紫外線対策をしている女性は全体の70.1%。
圧倒的多数派だ。対策をしている女性のうち、日焼け止めを塗っているのは91.6%。
日傘を使用しているのは58%。肌を露出しないことで対策をしているという人は48%。
紫外線対策がしっかりと講じられていることがうかがえる。

では、日焼けをしてしまった後にきちんと肌の手入れをしている人はどれぐらいいるのだろうか。
同じD社の調査で、「紫外線を浴びたり、日焼けをした後で、きちんと保湿ケアをしていますか」という問いに、
「行っている」と答えた人は21.2%。「ときどき行っている」の回答は41.2%。
3人に1人は何もしていない現実が明らかになった。

つまり、日焼け防止には真剣に取り組んでも、紫外線をあびた後のケアについては無頓着。
事前準備はしても、事後のケアに対する意識はあまり高くないということだ。


2.日焼け後のお手入れも重要な日焼け対策

年間を通して美白を追求し、日焼け防止に熱心に取り組む女性の多さを考えると、
アフターサンケア派が少ないのは意外な結果ともいえるが、そうした状況は少しずつ変わりつつある。

というのも、女性誌や美容誌では、うっかり日焼けした後の緊急ケア」「紫外線をなかったことにするケア術」
など、「日焼け後のケア」に関する記事や情報が確実に増えてきているからだ。

どんなにUV化粧品をまめに使い、外出時に帽子や日傘を使ったとしても、100%紫外線を防ぐことは難しい。
ビーチリゾートで休日を楽しんだときなどはなおさらだ。意に反して紫外線をあびてしまったときのケア術を
知っておくことが美肌の近道--。こうした知識はメディアやネットを通して着実に広がっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング