絶好調「からだすこやか茶W(ダブル)」 発売2カ月で出荷量が目標の3倍に!

PR TIMES / 2014年6月20日 11時20分

コカ・コーラシステムが2014年4月7日(月)に全国で発売した新製品「からだすこやか茶W」の売れ行きがたいへん好調で、発売開始2カ月(5月26日時点)からの累計出荷量が、当初目標のおよそ3倍を上回るペースで伸びています。(*1)。
*1)出荷ベースを元に350ml換算。自社データ




● 日本初※の「W(ダブル)トクホ飲料」
「からだすこやか茶W」は、毎日の食事で必要以上に摂ってしまいがちな“脂肪”と“糖”に着目した日本初※のWトクホ飲料です。
国内における昨今のトクホ飲料市場は、消費者の健康志向の高まりなどを背景に、一段の活況を呈しています。コカ・コーラシステムでは、このような市場動向を踏まえ、今後も引き続きトクホに対する消費者ニーズは高まっていくものと捉え、今回の導入に踏み切りました。
様々な食事でおいしく飲み続けていただけるよう、ほうじ茶・烏龍茶・紅茶をブレンドしたすっきりした美味しさに仕上げ、パッケージもシンプルで飽きのこないデザインを採用。さらに、飲みきりやすい容量と、消費者の皆様にとって手に取りやすい価格(メーカー希望小売価格)を実現したことも後押しし、4月7日の発売以降、「からだすこやか茶W」の販売数量は非常に好調に推移しています。

● 「からだすこやか茶W」ならではの消費者評価・販売動向について
日本初※の「Wトクホ飲料」として導入した「からだすこやか茶W」は、特に「食事」に関わりのあるオケージョンにおいてサンプリングなどを展開し、広く受け入れられはじめています。販売動向では、今までトクホを手に取る機会のなかった人たちも含めた新規ユーザーが全体の購入数の4割ちかくを占め、トライアル率は、新製品平均の約3倍、リピート率も新製品平均の約1.6倍と高い数値をみせています。さらに、購入層の80%はオフィスワーカーで、とくに30・40代の男女が半数を占め、全体の男女比率をみると、一般のトクホ飲料と比べて女性ユーザーの比率が高い傾向にあります。


今後も、消費者の皆様がよりすこやかな生活を目指すうえでの「食事のお供」として「からだすこやか茶W」をご愛顧いただけますよう、引き続き積極的なマーケティング活動を展開してまいります。

※2つの保健の用途(脂肪の吸収を抑える、糖の吸収をおだやかにする)をもつ清涼飲料水の特定保健用食品として、日本で初めて許可・販売


■「からだすこやか茶W」製品概要
・製品名 : からだすこやか茶W
・品名 : 清涼飲料水
・原材料 : 食物繊維(難消化デキストリン)、ほうじ茶、烏龍茶、紅茶、ビタミンC
・栄養成分表示(1本350ml当たり):エネルギー:0 kcal、たんぱく質:0 g、脂質:0 g、糖質:0g、食物繊維:5g、ナトリウム:40 mg、カフェイン47mg
・パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜):350mlPET ボトル/146 円
・発売日 : 2014年4月7日(月)
・販売地域 : 全国の店舗/自動販売機(一部を除く)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング