女郎屋の女主人、その裏の顔は…コミックス『ヒトデナシ-大江戸畜生稼業-』発売

PR TIMES / 2020年10月28日 9時15分

妖艶なる始末人・忘九 江戸の街で強欲の極悪人を喰らい尽くす!!

株式会社日本文芸社(東京都江東区)はコミックス単行本『ヒトデナシ-大江戸畜生稼業-』(村田燕昇 作/忠見周 画)を2020年10月29日(木)より全国の書店・オンライン書店等で発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41489/60/resize/d41489-60-148904-0.jpg ]

女郎屋の主は俗に、人が持つべき“八つの徳”が無い「忘八(ぼうはち)」と呼ばれた。
江戸中期、吉原遊郭に並ぶ程に栄えた色街・深川岡場所に、誰もが見惚れる美貌を持つ、女郎屋の女将がいた。
八徳に加え、人の心をも持たぬからと、“忘九”と名乗るその女が、女郎屋『忘九屋』を営む裏の顔はーー。

肉欲の街に蔓延る悪党外道を、“夜伽”にかけ、悪精を吸い出し、極楽地獄へ誘う、妖艶なる始末人!!

強欲の極悪人を喰らい尽くす!!
大江戸色街、妖美なる女傑懲悪譚!
[画像2: https://prtimes.jp/i/41489/60/resize/d41489-60-325197-2.jpg ]


[画像3: https://prtimes.jp/i/41489/60/resize/d41489-60-222529-3.jpg ]




ご購入はこちらより


Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4537143029/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_3utKFbP9F6VSG
kindle  https://www.amazon.co.jp/dp/B08L69S7FV/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_mttKFb2DZN48Q
Rakutenブックス  https://books.rakuten.co.jp/rb/16431202/?l2-id=pdt_sl_pr_iname_2#20106703
他、全国の書店・オンライン書店等で



ヒトデナシ-大江戸畜生稼業-

単行本: https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b535698.html
電子書籍: https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b535711.html
著者 村田 燕昇 作/忠見 周 画
出版年月日 2020/10/29
ISBN 9784537143027
判型 B6
定価 本体680円+税

会社概要


[画像4: https://prtimes.jp/i/41489/60/resize/d41489-60-970306-1.png ]

日本文芸社は、出版やデジタル配信で「人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝けるようにする」コンテンツ創造カンパニーとして社会に貢献することを理念に掲げています。
会社名:株式会社日本文芸社
所在地:〒135-0001 東京都江東区毛利2-10-18 OCMビル
代表者:代表取締役社長  吉田 芳史
設立:1959年1月
URL: https://www.nihonbungeisha.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング