世界的建築家 安藤忠雄氏のポートフォリオ集

PR TIMES / 2014年5月16日 19時25分

プラチナプリント技法により最高峰の写真表現を実現

 プラチナプリントの企画・出版を手がける株式会社アマナサルト(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀越欣也、アマナグループ)は、この度、最高峰の写真プリント技法であるプラチナプリントによる、世界的建築家 安藤忠雄氏のポートフォリオ集「ANDO BOX The 1st Round [drawings]」を2014年5月に発行いたします。



 本作には、世界で最も高い評価を得て、現代建築を牽引する存在である安藤忠雄氏のドローイング作品8点に、安藤氏が1枚1枚その手で描いたスケッチ作品を特別収録。代表作「光の教会」や「水の教会」を含む収録作品は、写真表現における最高峰の技術と呼び名の高いプラチナプリント技法によって仕上げ、自身がデザインした特製ボックスとともに販売します。

名称 ANDO BOX The 1st Round [drawings]
収録作品 ドローイング作品8点|20×24インチ(6点)、30×44インチ(2点)
ボックス 安藤忠雄氏デザインによる特製ボックス
デザイン 町口 覚 [match and company, inc.]
エディション 30部限定
価格 250万円から ※詳細はアマナサルトまでお問い合わせください
発行 2014年5月
お問い合わせ先 アマナサルト tell: 03-3740-2030 mail: info@amanasalto.com


■ プラチナプリントについて
 より美しく、より繊細に、より深く豊かな写真表現を――写真表現への飽くなき探求が到達しえた最高峰の技法、それがプラチナプリントです。従来の銀塩写真に比べ、豊かな階調表現、漆黒の奥深さかつ高精細を誇り、またプラチナという最も安定した素材による普遍的な恒久性を兼ね備えています。アマナサルトでは、伝統的なプラチナプリント技法に最新のデジタル技術を融合した世界初のテクノロジーを導入し、写真表現のさらなる進化に挑んでいます。(詳細は3pをご参照ください)


■ ANDO BOX The 1st Round [drawings]について
 安藤氏によると、こうして描かれたドローイングの描線一筋一筋に、自らの肉体を通した空間体験が刻まれていると言います。つまり彼にとってドローイングとは、単に建築のイメージをなぞったものではなく、それは生身の思考の集積であり、記憶を未来へとつなぐ希望にも苦難にも満ちた道筋に他ならないのです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング