世界中で拷問が行われている

PR TIMES / 2014年5月13日 14時59分

過去5年の調査で少なくとも141カ国で、2014年だけでも79カ国で拷問が確認されている

アムネスティ・インターナショナルは、本日5月13日、全世界で一斉に拷問廃止に向けた2年間のキャンペーンを開始した。キャンペーン開始に先立ち、世界21カ国で拷問に関する意識調査を行った。また、過去5年の調査結果に基づく拷問の実態を資料にまとめた。拷問等禁止条約が誕生し拷問が法的に禁止されてから30年たった今も、拷問はなくならず、世界中で広く行われている。政府はその正当化に治安を持ち出す。しかし拷問は残虐で非人道的な犯罪であり、どんな理由であろうと決して許されるものではない。世界中の人が拷問する者とされる者の間に立ちはだかれば、拷問は根絶できる。アムネスティは、拷問を防止するメカニズムの導入を各国政府に求めるよう、世界中の人びとに呼びかけていく。

1984年に拷問など残虐で非人道的で尊厳を奪う行為を禁止する国際条約が誕生した。条約では「拷問」を公務員など公的資格を持つ者が情報収集や罰するために身体的、精神的な重い苦痛を故意に与える行為と定義している。そして、各締約国が「拷問」を刑法上の犯罪とすること、そのような犯罪を引き渡し犯罪とすること、拷問の防止に努めることなどを義務づけている。しかし30年たった今も、根絶とはほど遠い状況にある。

アムネステイは過去5年間にわたり、141カ国の拷問を報告してきた。2014年も79カ国が拷問を行っていることが調査で明らかになったが、拷問は秘密裏に行われるため、その実数はもっと多いと考えられる。拷問等禁止条約には現在155カ国が加盟している。各国は拷問を法律で禁じていても、その裏で実際には拷問を容認、黙認しているのだ。その言い訳には、安全保障が持ち出されることが多い。

拷問は、究極の非人道的な行為である。安全保障の名の下に拷問が正当化される傾向に危機感を募らせたアムネスティは、本日、4回目の拷問キャンペーンを開始した。最初の2回のキャンペーンは拷問を阻止する国際的な仕組みづくりを求めた。そして、拷問等禁止条約の成立に大きな貢献を果たした。3回目は、世の中から拷問をなくすために「一人ひとりが一歩を踏み出そう」と呼びかけ、各国政府に拷問阻止の措置をとるよう要請した。そして4回目の今回は、世界各国へのロビー活動を展開しながら、特に5カ国に対して個別の拷問事件を取り上げながら集中的に具体的な改善措置を要請し、拷問廃止への道筋を確立し、近隣諸国への波及を狙っていく。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング