東京を代表する国際的な発信拠点・東京国際フォーラムへ「ポケットチェンジ」が初設置!

PR TIMES / 2020年3月31日 16時45分

利用者に新たな世界と繋がる場を提供!

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新)は、外国紙幣・硬貨を自国で使える電子マネーなどに交換できる専用キオスク端末「ポケットチェンジ」を、2020年3月31日より東京国際フォーラムへ設置し、サービス提供を開始いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19691/65/resize/d19691-65-902277-1.jpg ]



ポケットチェンジについてはこちら>> https://www.pocket-change.jp/ja/


■ 文化情報発信拠点で新たな文化を体感!
国内外問わず、年間約2千3百万人が行き交う総合的な文化情報発信拠点であり、2021年東京オリンピックではウエイトリフティングの競技会場としても使用される東京国際フォーラム。
有楽町駅の目の前であり、外国人も多く利用する東京駅丸の内口からも徒歩1分という好立地の為、日本人だけでなく外国人の方にもご利用しやすい場所となっております。
東京国際フォーラムは世界へ東京・日本の魅力を発信していく中で、幅広い国の方にご利用可能なポケットチェンジを導入することにより、東京国際フォーラムを利用した人、訪れた人、立ち寄った人が新たな技術により感動を味わう「場」を創っていきます。


■ ポケットチェンジは3年で70拠点以上に設置!
外貨紙幣・硬貨を電子マネーやギフトカードに交換出来る専用キオスク端末「ポケットチェンジ」は羽田空港への初設置から3年で国内外合わせて70拠点以上の空港、鉄道駅、ホテルや商業施設等で採用頂いています。
ポケットチェンジは個人情報の入力や面倒な事前登録もなく最短1分弱で現金から電子マネーへの交換が可能となっております。
交換先サービスは交通系電子マネーをはじめ、楽天Edyなどの国内サービスだけでなく、WeChat(微信)、Ctrip、ecoPayz、など国外のサービスにも交換可能です。現在、20種類以上の電子マネー、ギフトカードに交換出来ます。
対応通貨は日本円含め、全10通貨となっており、ご利用可能な言語も日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語と、設置場所問わずお客様に合わせた最適なサービスをご提供いたします。


[画像2: https://prtimes.jp/i/19691/65/resize/d19691-65-765282-0.png ]



<新規の設置拠点について>
東京国際フォーラム(東京都千代田区) ガラス棟地下1階 ATMコーナー内


設置場所の詳細は下記のリンクからご確認いただけます( https://goo.gl/maps/nSqXSkdCsxBjwmWB9)。
その他の設置場所詳細:( https://www.pocket-change.jp/ja/where-to-find/


※「PASMO」は株式会社パスモ、「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社、「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社、「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社、「manaca」・「マナカ」は株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー、「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社、「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社、「nimoca」は西日本鉄道株式会社、「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。
※「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。
※「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーです。
※「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
※外貨から円貨への換算ならびに交換レートの設定はポケットチェンジ社の提供です。電子マネーやギフト券等の発行会社の提供によるものではありません。


<お問い合わせ先> : 株式会社ポケットチェンジ 広報
TEL:03-6453-9111 Mail : press@pocket-change.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング